ソフトB連勝 8回にクリーンアップ全員交代、工藤監督「100%サファテを信頼」

ソフトB連勝 8回にクリーンアップ全員交代、工藤監督「100%サファテを信頼」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

打のヒーローは高田も、中村の適時打に「あの1点が大きかった」

 18日、バンデンハークの好投と高田知季の今季初本塁打などで西武に3-1で競り勝ったソフトバンク。工藤公康監督は2人のヒーローの働きを讃えながらも、高田の先制弾直後に2点目を叩き出した中村に対して「あの1点が大きかった。晃くんが粘ってよく打ってくれた」と影のヒーローを持ち上げた。

「ジャパネットタカタ」がスポンサーについた試合で「ジャパ」の愛称をもつ高田が大活躍。鮮やかな先制弾はチームに勇気をもたらしただけでない。工藤監督は「あれで少し野上くんのピッチングスタイルが変わったよね」と冷静に分析した。

「野上くんは立ち上がりからよかった。あれだけフォークボールが低めに決まるとそう簡単には打てない。でも、あのホームランから野上くんがコントロールに気を遣うようになったところで、柳田くんがツーベース。内川くんもよく(走者を)進めてくれたし、晃くんが粘ってよく打ってくれた。1点で終わるより2点目が取れるか取れないかの違いは大きい」

 また、2点リードの8回には相手投手が四球を連発。工藤監督は柳田に代走・福田秀平を送ったことを皮切りに、内川聖一、デスパイネにも代走を出し、クリーンナップ3人の名前がスコアボードから消えた。柳田への代走について、指揮官は「自打球を当てたところがまだ万全じゃないから」と語りながらも、クリーンナップ全員をベンチに下げたことについてあっけらかんとこう語った。

「次(9回表)投げるのがサファテだから、まったくその先なんて考えてない。100%サファテを信頼しています」

 その9回、サファテは不運な内野安打から1死一、二塁のピンチを背負いながらも西武の強気のダブルスチールが失敗したことで事なきを得た。確かに絶対的守護神への信頼は揺るぎ(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)