【MLB】イチロー代打で左前打 通算3056安打で「盗塁男」超え、歴代単独23位に

【MLB】イチロー代打で左前打 通算3056安打で「盗塁男」超え、歴代単独23位に

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

2試合ぶりヒットでリッキー・ヘンダーソンを上回る

 マーリンズのイチロー外野手は18日(日本時間19日)、本拠地でのフィリーズ戦に代打で出場し、左前打を放った。メジャー通算3056安打として、並んでいたリッキー・ヘンダーソン(通算3055安打)を上回って歴代単独23位に浮上。「メジャーリーグ史上最高のリードオフマン」を抜いた。マーリンズは2-5で敗れた。

 イチローは2-3と1点を追う8回に中継ぎ右腕マゴワンの代打で登場。2死走者なしの場面で、通算対戦成績.195の右腕ベノワの外角高めへの速球にバットを合わせ、レフト前に運んだ。これが2試合ぶりのヒット。打率は.230となった。

 しかし、続くゴードンは遊ゴロに倒れ、追いつくことはできず。イチローは守備にはつかず、そのまま交代した。

 ヘンダーソンは歴代1位の1406盗塁&2295得点を誇り、「メジャーリーグ史上最高のリードオフマン」、「盗塁男」と呼ばれた名選手。歴代22位はクレイグ・ビジオの3060安打となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)