嬉しい悩みに? ソフトB高田が活躍で、今宮復帰後は「二塁手争い」激化へ

嬉しい悩みに? ソフトB高田が活躍で、今宮復帰後は「二塁手争い」激化へ

ソフトバンク・高田知季【写真:荒川祐史】

西武戦では今季初本塁打、工藤監督「実戦に入ってからの対応力がいい」

 指揮官にとっては、嬉しい悩みになるかもしれない。18日の西武戦(ヤフオクD)。ソフトバンクは腰痛で先発から外れている今宮の代役として「2番・遊撃」で起用する高田が今季初アーチを含む2安打2打点と活躍。後半戦連勝スタート、そして後半戦最初のカードでの勝ち越しを呼び込んだ。

 両チーム無得点で迎えた4回、先頭で打席に入った高田は、西武先発の野上のスライダーを右翼席へと運んだ。先制の今季1号ソロ。続く5回には2死二塁では右翼線への適時二塁打を放った。チームは3-1で勝利。先制の一発、リードを広げる一打と、ともに価値ある1本になった。

 不動の遊撃手である今宮が疲労性の腰痛を訴えた7月8日の日本ハム戦(札幌D)から、これで6試合連続で「2番・遊撃」でスタメン起用されている高田。その間21打数8安打、打率.381をマークし、40打数と少ないながらも、今季の打率も.325に上昇。この27歳の5年目内野手について、工藤公康監督は「練習を見ていても、そんなに打撃は良くないんだけどね。実戦に入ってからの対応力がいい」と評価した。

 ここで浮上してくる指揮官の悩みが、今宮の腰痛が癒えた時の起用法だ。今宮はチームに不可欠な名手だけに、状態が回復すれば、スタメンに戻るのは間違いない。となると、ただでさえ競争が熾烈な二塁手の争いが、さらに激しくなるだろう。

「今宮が良くなって出られるようになったら、併用もある」

 今季ここまでの二塁手の先発を見ると、川崎の32試合が最多。次に多い18試合に先発している本多は現在ファーム調整中。これに明石の16試合、川島の15試合と続き、6月13日に今季初昇格した高田は3試合となっている。

 ただ、守備面やそのキャラクターで存在感を際立たせてきた川崎は、ここにきて打撃の状態が下降中。7月は7試合で25打数3安打で打率.120と苦しんでいる。明石は8試合で20打数5安打の打率.250。右打者の川島は主に左投手の時の起用となっており、7月は先発は1試合だけとなっている。

 その一方で、高田は7月は好調だ。今季、先発で出た10試合のうち、8試合で安打を放っており、7打点をマーク。チャンスを与えられた際に結果を残している。それだけに、指揮官も「今宮が良くなって出られるようになったら、併用もある。しばらくは使っていきたいと思う」と言及した。

 現在、ソフトバンクの二塁手は、アメリカ帰りの川崎を中心に回っている。今宮の腰が癒えるまでは、高田がその代役を務めることになるだろうが、復帰後には二塁手事情に変化が起こるかもしれない。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)