西武3連敗で自力V消滅…辻監督、相次ぐ失態に「今日はミスのてんこ盛り」

西武3連敗で自力V消滅…辻監督、相次ぐ失態に「今日はミスのてんこ盛り」

西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

ミス連発嘆いた辻監督、選手に奮起促す「気持ち入れ替えてやるしかない」

 西武はミスの連発で、3連敗を喫した。19日のソフトバンク戦(北九州)。特に走塁面で拙いプレーが度々出て敗れ、辻発彦監督は「あんなミスばっかりしていたら、勝てる試合も勝てないよね。今日はミスのてんこ盛りやった。走塁もそうだし、守備もそうだし、いろんなところで」と嘆いた。

 初回に2点を先制する好スタートも、ジワジワとソフトバンクに追い上げられると失態が相次いだ。まず4回。栗山、外崎の連打で無死一、二塁のチャンスを作るも、炭谷が初球、バントの構えで見逃した際に、栗山の離塁が大きくなり、刺された。5回には1死から左翼線への安打を放った栗山がファールと思ったのか、走塁のペースを落とし、結果的に二塁で憤死した。

 さらに6回。先頭の炭谷が左前安打で出塁。続く金子侑は、左翼後方への大きな当たりを放った。左翼・中村晃が懸命にグラブを伸ばしたが、届かずに打球はフェンスに直撃した。だが、走者の炭谷は中村晃がキャッチしたものと勘違い。二塁ベースを回ったところから、猛ダッシュで一塁へと帰塁。一塁を回っていた打者の金子侑は炭谷を追い抜いたこととなり、アウトとなった。

 14安打6得点こそ奪ったものの、最後は8回に牧田がつかまった。10点を奪われる敗戦となり、自力Vが消滅。指揮官は「オレはすごい悔しいし、今日の負けの悔しさを選手が持って、明後日から気持ち入れ替えてやるしかないし。やられたらやり返す気持ちがなかったら、この世界生きていけない。その気持ちだけ持ってくれればいい。ミスは反省すればいい」は選手たちの奮起を求めていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)