ロッテはレアードを上位で使うべし? セイバー目線で12球団の打順を考察

ロッテはレアードを上位で使うべし? セイバー目線で12球団の打順を考察

ロッテのブランドン・レアード【写真:荒川祐史】

ロッテで最も打撃指標がいいのは切り込み隊長の荻野貴司

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が延期となっている日本のプロ野球。プロ野球ファンにとってはもどかしい時間が続くことになる。そんなファンにとって楽しみの1つになるのは、贔屓のチームが一体どんな打線になるか、ということだろう。

 日本のプロ野球ではやはり3番から5番までのクリーンアップが重視される。だが、MLBでは“最強の打者”は2番に入るのがトレンドだ。これはMLBで広く浸透しているセイバーメトリクスの影響が大きい。

 セイバーメトリクスではどれだけ多くの得点を奪うかを考える。より多く得点を取るためには、より多くの出塁が必要だ。打順は1つ繰り下がることに年間15打席ほど減少し、1番と4番では年間で45打席、1番と9番では120打席もの差が出る。そのため、1番や2番により良い打者を置くほうが結果的に得点の機会を増やすことに繋がると考えられる。

 1番は走者がいない状況で打席に立つことが多いことから、MLBでは、より多くの得点創出のチャンスになる2番に最強の打者を置く。1番、2番、4番が最重要視され、続いて3番と5番が重視される。これまで2番にはバントなどの“繋ぎ”が求められてきたが、セイバーメトリクスの分析では、バントは得点期待値を下げるとして基本的には戦術として推奨されていない。

 では、この視点から12球団を見ると、一体どんな打線になるのか。第11回はパ・リーグのロッテを見ていく。

FAで移籍加入した福田秀は3番、レアードは5番に…

 なお、今回は怪我人等は考慮せずにベストメンバーでの打線を探る。セイバーメトリクスで打者を評価する指標のOPS(出塁率+長打率)を中心に打線を考察した。なお、セイバーメトリクスでの指標は絶対の要素ではなく、これが“正解”と言いたいわけではない。この点を理解していただき、あくまでも1つの参考として、ファンの方々が様々な意見を言い合って楽しんでくれる材料になれば幸いだ。

 昨季はあと一歩のところでクライマックスシリーズ進出を逃したロッテ。オフには福田秀平外野手、美馬学投手をFAで獲得するなど、2020年シーズンに向けて積極的な補強を敢行した。一方でチームの中心だった鈴木大地内野手がFAで楽天へ流出。その影響が果たしてどう出るだろうか。

 そのロッテで最も打撃指標がいいのが、昨季初めて規定打席に到達した荻野貴司で出塁率.371、OPS.842。そして荻野に続くのが、レオネス・マーティンの出塁率.342、OPS.837。そして、移籍した鈴木、井上晴哉、ブランドン・レアードと続いていく。鈴木を除く4人が打線の中心となる。

 そしてもう1人。それがソフトバンクから移籍加入した福田。打席数こそ少ないが、昨季、OPS.772を記録し、層の厚いソフトバンクの中でも5位の打撃指標だった。上記の4人に福田を加えた5人で上位打線を構成すべきか。1番に荻野を据え、2番にはマーティン、4番に井上を置き、井上の前後を福田とレアードで固めてはどうだろうか。

 想定されるオーダーでは上位での起用が見込まれる中村奨だが、昨季のOPSは.692にとどまり、これは角中勝也や清田育宏を下回る。中村奨は下位の7番あたりが指標的には相応しいか。その前の6番には角中を据え、藤岡、田村と並べる。果たして、このオーダー、ファンはどう考えるだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)