被安打・自責「0」は途切れたが……モイネロは鷹のブルペン救えるか

被安打・自責「0」は途切れたが……モイネロは鷹のブルペン救えるか

ソフトバンク・モイネロ【写真:藤浦一都】

後半戦の優勝争いへ、期待かかるモイネロ

 去る7月12日に行われた前半戦最後のパ・リーグ首位攻防戦、第2戦。リーグ1位の楽天は、すでに前半戦首位ターンが確定していた。しかし何とか一矢を報い、ゲーム差を縮めて後半戦を迎えたい2位の福岡ソフトバンクは、今季頭角を現してきた松本裕にこの日の先発マウンドを託した。

 楽天の先発は岸。試合は息詰まる投手戦となり、結果的にペゲーロの看板直撃弾で2点を奪った楽天が完封勝利を決めた。福岡ソフトバンクは惜しくも敗れたが、松本裕は5回2失点で踏ん張り、その後を受けた救援陣も無失点リレーをつないでいる。そして、福岡ソフトバンクの2番手として6回から登板し、3イニングスをほぼ完璧に抑えたのが、5月に加入したばかりの若き左腕・モイネロだった。

 モイネロは、デスパイネと同じキューバ出身の21歳。今年3月に行われた第4回「ワールド・ベースボール・クラシック」にキューバ代表として出場し、5月10日に福岡ソフトバンクと育成契約を結んだ。3軍で2試合に登板した後、ウエスタン・リーグで5回2/3を投げて自責点0、奪三振8の快投を披露すると、約1か月後の6月16日に、本人も驚くほどの早さで支配下選手登録を勝ち取った。

 1軍初登板は、6月27日の北海道日本ハム戦、6点リードで迎えた9回表だった。先頭の大田に四球を与えたものの、落ち着いて後続を打ち取って無失点。1死一塁の場面では西川から3球三振を奪うなどして、堂々の1軍デビューを飾った。

後半戦初戦で待っていた“試練”

 7月2日の楽天戦では、7回2死三塁の場面で3番手として登板。ペゲーロから4球で見逃し三振を奪うと、直後にチームが勝ち越しに成功して来日初白星を挙げる。また、同4日のオリックス戦では、4点リードの最終回に登板してテンポよく3者凡退に抑え、チームの完封リレーに貢献。同7日の北海道日本ハム戦も、7回の攻撃を危なげなく3人で終わらせ、来日初ホールドをマークした。

 そして前述の7月12日の首位攻防戦では、2点を追う6回から登板し、まずは最初の回を圧巻の3者連続三振。7回は3者凡退に抑えて、8回には、カメラが追えないほどの速さで右翼席上段に到達する仰天アーチを描いたペゲーロを、1球で仕留める。来日最長の3イニングスを完璧に抑えて、相手打線の追撃を許さなかった。結果的にチームは0-2で敗れてしまったものの、救援投手としての役目をきっちりと果たしている。

 モイネロの今季前半戦の成績は、6試合に登板して1勝0敗、1ホールド、6回2/3、7奪三振、防御率0.00で、自責点は「0」。また、25人の打者と対峙して被安打も「0」。3四球を出した以外は、1人の走者も許していないという安定感を誇っていた。

 しかし、後半戦最初の登板となった7月19日の埼玉西武戦で、初の試練が訪れる。1点をリードして迎えた5回に登板すると、中村に直球を捉えられ、プロ通算350号となるメモリアルアーチを浴びてしまう。その後は回をまたいで1回2/3を投げて、被安打5。被安打・自責「0」の記録は7試合目で途切れてしまった。とはいえ、結果的に2失点で踏み止まっているため、その潜在能力の高さは疑う余地がない。この経験を、今後の登板にどのように生かしていくかが肝要だろう。

担当スカウトも力と技で勝負できると太鼓判

 モイネロの武器は、最速154キロをマークした直球と鋭い変化球だ。担当スカウトは、力と技の両方で勝負できる投手だと太鼓判を押す。同郷の兄貴分であるデスパイネは、モイネロの初登板の際に、ベンチで腕を組んで見守った。2人の身長はほとんど変わらないが、デスパイネの方が体重は30キロ近く重く、体格差が目を引く。ことあるごとに微笑ましいやり取りを交わす2人は、早くも新しい名コンビになりそうな予感だ。

 1軍昇格直後は、先発が早い回で降りた場合やチームが大きなリードを握っている状況で登板することが多かったが、僅差の場面でモイネロの名前が呼ばれるケースも増えてきた。五十嵐が怪我で離脱するなど、ここまで多くの試合を拾ってきた中継ぎ陣の負担が心配される福岡ソフトバンク。しかし途中加入のモイネロは蓄積疲労も少なく、連投も回またぎも献身的にこなす。長いイニングを投げられる可能性も見えてきている。

 僅差の試合を拾えるかどうかが、ますます重要になってくる後半戦。信頼できる新戦力ほど頼もしいものはない。入団会見では、「自分でもすごく良い球を投げると思っているので、キューバにはこんなにいいピッチャーがいるというところを見せたい」と、力強いコメントをしていたモイネロ。その言葉通り、手痛い一発を浴びた経験を糧にして、福岡ソフトバンクのブルペンを救うことができるか。そしてその存在がパ・リーグの首位攻防戦にどのような影響をもたらすか。注視していきたい。「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)