首位楽天、延長戦で劇的な勝利、6年目島内が9球粘って値千金サヨナラ打

オリックス金子は8回3失点の好投も8勝目ならず

 楽天は21日、本拠地でのオリックス戦で10回に劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 先発の古川は3回、小島に先制タイムリーを許し、5回には1死二、三塁から連打で2失点。さらに、自らのエラーで1死満塁とピンチを広げて降板した。だが、打線は5回の裏にウィーラーのソロ弾で1点を返すと、7回にウィーラーの適時打で1点差とし、8回のは岡島のソロ弾で同点に追いついた。

 楽天は9回に2死一、三塁のサヨナラ機を迎えたが、この時は岡島が遊ゴロに倒れ、勝負は延長戦へもつれ込んだ。

 延長10回、オリックス打線を福山が3者凡退に斬ると、その裏の攻撃で先頭の聖沢が左前打で出塁する。続く三好は送りバントを失敗するが、細川が決めて2死二塁。ここで打席に立った島内が3球目で追い込まれるもファウルで粘り、9球目をライトに弾き返すサヨナラ打とした。接戦を制した楽天は首位をがっちりキープした。

 オリックスは先発金子が8回3失点の好投を見せたが、終盤になって打線が沈黙。白星をプレゼントできなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)