北海道ベースボールリーグ、21年以降にチーム数拡大へ 来季はプロ契約も導入

北海道ベースボールリーグ、21年以降にチーム数拡大へ 来季はプロ契約も導入

北海道ベースボールリーグは8月10日にトライアウトを行う【画像提供:北海道ベースボールリーグ】

今年開幕予定の「北海道ベースボールリーグ」、来季以降に石狩市、砂川市が参入

 今季2チームで開幕予定の「北海道ベースボールリーグ」が8日、美唄市内で記者会見を行い、リーグの現状と新規参入チームについて発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大により、5日2日に予定していた開幕は延期となった。ただ「レラハンクス富良野BC」(富良野市)の選手17人と「美唄ブラックダイヤモンズ」(美唄市)の14人は活動を続けている。介護施設や農家などでアルバイトをしながら練習しており、出合祐太代表は「状況が良くなれば、すぐに始めて、地域の方に元気な姿を見せたい」と力を込めた。

 この2チームに加え、来年は「石狩レッドフェニックス」(石狩市)の参加が決まった。さらに「砂川ドリームリバーズ」(砂川市)も準備を進めており、22年以降に参加を予定しているという。

 この日は、3チームに拡大する来季に向けて8月10日に美唄市営球場でトライアウトを行うことも発表した。対象は21年度に16歳以上になる男女で国籍は問わない。来季は契約形態を育成枠、専属選手枠、プロ契約枠の3カテゴリーに分類。育成と専属選手は、地元で働きながらシェアハウスで共生する。

プロ契約の対象は「技術、能力、情熱を活かし、野球を通じて北海道地域に活力を与えれる人」

 プロ契約選手は「技術、能力、情熱を活かし、野球を通じて北海道地域に活力を与えれる人」を対象とし、報酬を支払う。現在、高校3年生を対象としたプランも新たに設け、連携する通信制大学(星槎大)に所属しながら、リーグ参加や地域での就労を可能にする。

 同リーグは、野球を追求したい選手と人出不足や空き家問題に悩む企業や農家を結びつけるマッチングを大きなテーマとし、ほかの独立リーグと一線を画す。出合代表は「過疎化が進む北海道の起爆剤が必要。日本を代表するスポーツである野球で地域を活性化したい」と語る。

 来季、新たに設けるプロ契約についても「育成の子がプロ枠の選手を超えることが一番良いストーリー。地域のおじいちゃん、おばあちゃんに応援してもらい、NPBやメジャーに行く選手が出てきてくれたら」と青写真を描いた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)