住宅街を騒つかせた高橋由伸の“早朝練習” 名スコアラーが明かす二人三脚の現役時代

住宅街を騒つかせた高橋由伸の“早朝練習” 名スコアラーが明かす二人三脚の現役時代

現役時代に“天才打者”と呼ばれ、引退後は巨人監督として指揮を執った高橋由伸氏【写真:Getty Images】

天才打者はなぜ1度もタイトルに手が届かなかったのか、元巨人チーフスコアラーの三井氏が語る

 巨人のスコアラーを22年間務め、2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2回大会では侍ジャパンのチーフスコアラーとして世界一奪取に貢献した三井康浩氏が、かつての巨人選手の素顔や、他球団との虚々実々の駆け引きを振り返る。現役時代に“天才打者”と呼ばれ、引退後は巨人監督として指揮を執った高橋由伸氏について語る。

 スコアラーといえば本来、ライバルチームの選手の傾向や癖を分析することが仕事だが、その鋭い観察眼は味方の選手にも注がれる。三井康浩氏は他球団に先駆けて、野手ミーティングを主導し、選手個々にもアドバイスを与えるようになり、“陰のコーチ”と呼ばれることもあった。1998年から2015年まで巨人の主軸打者として活躍した高橋由伸氏との“二人三脚”は、特によく知られている。

 1986年にスコアラーとなった三井氏は、94年の伝説の『10・8』などを乗り越え、高橋氏が入団した98年当時はすでに、にナインから絶大な信頼を得ていた。

 当初はミーティングで通り一遍の話をする程度だったが、オールスター明け、高橋氏が調子を落とし、プロの壁にぶつかった頃に、歩み寄った。「『何かアドバイスありませんか?』みたいな感じで相談されたので、打撃フォームとか細かいことはあれこれ言わず、ボールの見切りが少し早いことと、スイングの軌道が一塁ベース方向にずれていることだけを指摘しました。『センター方向へ踏み込んで、バックスクリーンへ打ち込むイメージで振ってみろ』と言いました」

 その後、三井氏と高橋氏はバットの軌道を修正するため、毎日のティー打撃に工夫を加えた。背中側から投げたボールを逆方向に打ち返す。あるいは、インパクトの瞬間にバットから両手を離し、正面のネットへ向かって放り投げる。この時、正しい軌道を通っていれば、バットは真っすぐ正面へ飛んでいくが、一塁方向にずれていれば、バットも背中側に飛んでいくのだ。

“天才”と称される高橋氏だが、チームメートになった選手たちは一様に、その練習量の多さに驚かされる。いつしか高橋氏は、ホームゲームの場合、三井氏の自宅に寄って打撃フォームなどをチェックしてから東京ドームへ向かうことが習慣になり、試合後も頻繁に立ち寄るようになった。

2003年に日本タイ記録の11打数連続安打を記録、しかし本当は「調子が悪かった」

「早いときは、朝7時にウチに来ました。家の前の路上でバットスイングをしていて、通勤途中のサラリーマンが『なぜ、こんなところに高橋由伸が!?』と目をむくこともありました。いくらなんでもこれはマズいということで、早めに東京ドームへ行き、ブルペンなどで練習するようになりました」

 タイトルと縁がなかった高橋氏にとって、形として残る記録といえば、2003年6月にマークした日本タイ記録の11打数連続安打(3四球を挟む)である。「実はあの時、高橋君は非常に調子が悪かったんです。2人とも手探りで、とにかくボールにバットをぶつけていこうと、それだけでした。いろいろ試しても思うような打撃ができなくて、しかたなく、ボールをよく見て、しっかりバットに当てる、それだけで日本記録を作ってしまった。2人で『不思議なもんだなぁ……』と首をひねったものです」

 07年の活躍は鮮烈だった。原辰徳監督(当時)は、それまで主軸を打ってきた高橋氏を開幕から1番で起用。高橋氏は横浜との開幕戦(横浜スタジアム)で、いきなり初回先頭打者初球本塁打を放った。三浦大輔投手の得意のスライダーをとらえ、右翼席へ運んだ。三井氏は「高橋君は、ああ見えて緊張しやすい選手で、開幕戦ともなれば体が震えるほどでした。しかも、初球からガンガン打っていくタイプですから、初球の球種がわかれば、本人も少しは気が楽になると思い、試合を迎えるまで『果たして何が来るか』と2人で話し合いました」と明かす。

 2人が出した結論は、「外角のスライダー」だった。三井氏は「三浦君も当然、高橋君が“早打ち”だということはわかっている。それでも、初球はストライクがほしいはずでした。カウント0-1という形をつくれれば、そこからボール球を2つ投げられる。どちらかを打たせて取れればラッキー、という考え方です。もともと三浦君は、左打者に対して外のスライダーでストライクを取るのを得意としていました。『カーブもあるかな』という考えもよぎりましたが、やはり外のスライダーの可能性が1番高いと思いました」と説明する。これが見事に当たった。

 この年、高橋氏が放った初回先頭打者本塁打は日本記録の9本に上り、トータルで自己最多の35本塁打を量産した。しかし、当時横浜の村田修一内野手が、最終盤の広島戦で、引退試合として登板した佐々岡真司(現広島監督)から36号を放ち、高橋氏はわずか1本差で戴冠を逃した。三井氏は「理想とする打撃ができ始めていたあの年に、どうしてもタイトルを取らせてあげたかったですね。あの後、村田君が巨人に移籍してきた時、冗談で『おまえ、あそこで打つなよ〜』と言ってやりましたよ」と、いまだに残念そうな表情を浮かべる。

 三井氏は07年限りでスコアラー職を離れ、査定室長、編成統括ディレクター、編成本部参与などを歴任。18年限りで退団した。高橋氏は、15年まで現役を続け、翌16年から監督の座に就いたが、在任3年でチームを優勝に導くことができないまま、18年限りで辞任し、現在は球団特別顧問の肩書が残る。

「できることなら、高橋監督のそばで自分なりの助言ができれば、という気持ちはありましたけれど、そういう立場になかった」ともどかしい思いを押し殺していた三井氏。

「高橋君には、ぜひもう1度監督をやって、名将になってほしいです。1度やってみて、采配とか駒の動かし方とか、いろいろ勉強し得たものがあると思いますから」と言う。まだ45歳の高橋氏はもちろんだが、59歳となった三井氏の今後の人生にも、どんなサプライズな展開が待っているかわからない。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

関連記事(外部サイト)