【球界名場面】「小橋健太ばりの逆水平」 鷹本多を襲った“まさかの一撃”にファン爆笑

【球界名場面】「小橋健太ばりの逆水平」 鷹本多を襲った“まさかの一撃”にファン爆笑

ソフトバンク・本多雄一(現1軍内野守備走塁コーチ)【写真:福谷佑介】

際どい判定に一塁塁審は両手を大きく広げ「セーフ」の判定も…

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球の開幕は再延期が決まった。緊急事態宣言も出た今、「#Stay Home」プロジェクトも広がっている。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返ってみるのはいかがでしょうか? 「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeはファンの心を満たすような映像を公開している。

 グラウンド上で“逆水平チョップ”を受けたのはソフトバンクの本多雄一内野手(現1軍内野守備走塁コーチ)だった。

 2015年3月28日ソフトバンク対ロッテ戦(ヤフオクドーム)。4回2死走者なしの場面でロッテ岡田が放った打球は一塁へのゴロに。一塁手・李大浩が捕球し一塁ベースカバーに入ったスタンリッジにトスしたが岡田の足が勝ち内野安打となった。

 一塁塁審・東が力強く両手を広げ「セーフ」のコールを行ったが、その右腕がすぐ後ろにいた二塁手・本多の顔面へ。間一髪、スレスレのところで避けたが、思わぬ形で“逆水平チョップ”を食らうことになった本多も苦笑いを浮かべるしかなかった。

 これにはファンも「珍プレー好プレーに出てきたやつ」「小橋健太ばりの逆水平」「鼻血でるやつ!」「くそ笑った」「動画時間46秒なとこにパ・リーグTVの愛を感じる」と大笑いだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)