巨人菅野、8回3安打無失点10Kの快投で10勝一番乗り 2年ぶりの2桁勝利

巨人菅野が2年ぶりの2桁勝利

村田が初回に先制3ラン、防御率も2.02でリーグトップに

 巨人菅野智之投手が22日、敵地でのDeNA戦で8回3安打無失点10奪三振1四球と快投し、両リーグ一番乗りの10勝目を挙げた。巨人は3-1で勝利した。

 巨人は初回、2死一、二塁の好機で村田が先制の3ラン。この3点をエース右腕ががっちりと守った。

 初回は2死満塁のピンチを背負うも、宮崎を遊ゴロ併殺打で無失点。2、3回は3者凡退に抑えると、4回は1死からロペスにヒットを許したが、宮崎を再び遊ゴロ併殺打に打ち取った。5、6回は3者凡退。7回は先頭筒香にライト前に運ばれたが、後続を断った。

 8回は梶谷、荒波、倉本を3者連続空振り三振の圧巻の投球。球数は98球で9回も続投すると思われたが、カミネロがマウンドへ。守護神は1点を失い、なおも1死満塁とされると巨人はマシソンを投入。なんとかリードを守り、菅野に10勝目がついた。

 菅野は昨年は9勝6敗に終わっており、2年ぶりの2桁勝利。防御率は2.02とこの時点でリーグトップに立った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)