「オマエならプロにいける」 監督の言葉で決心―ロッテ種市が明かす人生の分岐点

「オマエならプロにいける」 監督の言葉で決心―ロッテ種市が明かす人生の分岐点

ロッテ・種市篤暉【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

種市がファンの質問に答える

 ロッテの種市篤暉投手が10日、ファンからの50の質問に答えた。球団は公式インスタグラム上で種市への質問を募集。種市は球団広報の電話取材に対し、696件の質問の中を厳選して答えた。まずは前編。

――母の日はなにをしますか?
「去年は初勝利のボールを送ったので、今年はなにが欲しいか聞いてみて欲しいものを買います。高校の時は寮生活だったのですが日曜日だけ外食がOKでした。毎週、母にご飯に連れて行ってもらったのが本当に嬉しかったです。ありがとうと伝えたいです」

――お母さんの手作り料理で好きなものはありますか?
「ボクはスープカレーが苦手で、親が作ったどろどろのカレーが大好きです」

――柿の種バッテリーでも注目をされましたが、柿沼選手はどんな人ですか?
「めちゃくちゃ優しい。ボクが打たれてベンチで落ち込んでいる時でも、スッと寄ってきてくれて優しく配球の話をしてくれます」

――学生時代はモテましたか?
「高校は工業高校でクラスに女子はいませんでした。高校時代に女子と話をしたのは女性の先生ぐらいの記憶しかありません。ドラフトの時も特にキャーキャーみたいなものもありませんでした」

――他球団にライバルはいますか?
「ライバルは作らないようにしています。ライバルは自分。理想の自分になれればいいという発想です」

――よく食事に行く後輩はいますか?
「古谷拓郎ですかね。自分からは誘いませんが、よく誘われていました。『行きましょうよ』と誘われたら行く感じでした」

――青森の一押しスポットを教えてください

「弘前城の桜まつりです。めちゃくちゃ綺麗です。4月後半ぐらいが見どころ。野球の試合の遠征の帰りに寄ってもらったのを覚えています。夜のライトアップもすごくいいと聞いていますが、ボクは夜のライトアップは見た事がないです」

――覚えたい変化球はありますか?
「カーブ。カーブを投げたいといつも思っているのですが、僕の中で一番難しいボール。去年も練習はしたのですけど、なかなかうまくいきませんでした。ナックルカーブも挑戦してみたのですけど、難しかったです」

――小学校の時のヒーローは?
「自分が野球を始めたのは07年の小学校3年生の時。その時にファイターズで活躍されていたのがダルビッシュさんで、無双でした。髪型もかっこよかった。自分の中でピッチャー=ダルビッシュさんでした」

自分が女性なら誰を彼氏に?「荻野さん! イケボです」

――スマホゲームはなにかされていますか?
「将棋ゲームぐらいです。この前、寮で安田とお互いの部屋からオンラインで将棋をしました。9連敗して、10回目に勝ったので勝ち逃げをしました。安田にズルいと言われました」

――最近流行りの趣味はなんですか?(ホークス千賀投手より)
「YouTubeで筋トレ動画を見て、いいのはないかと試しています。ストレッチ動画も見て試しています。ストレッチは開脚で170度ぐらい開きたいです。今は160度ぐらいです」

――千賀さんのエピソードを教えてください
「めちゃくちゃ筋肉質です。ビックリしました! それなのに柔軟も凄い。ウエイトをめちゃくちゃやっているのに、あの柔軟は惚れ惚れします」

――ストレートを投げている時に意識をしていることを教えてください
「あまり腕の振りは意識をしていません。身体の使い方しか考えていないです」

――千賀さんの好きなところを教えてください
「野球に熱心で、質問をするといつも何でも答えてくれます。めちゃくちゃいい人です」

――新しい背番号は慣れましたか?
「たまにふと、ああ、16番だったと思う時があります。活躍して早く自分の番号にしたいです」

――自分が女性なら誰を彼氏にしますか?
「荻野さん! 年は離れていますが、話しかけてもすごく優しく答えてくれます。声がカッコイイ。イケボ(イケメンボイスの略)です」

――寮の食堂のメニューで好きなのを教えてください
「麻婆豆腐。そもそも麻婆豆腐が好きです。中村奨吾さんに美味しい麻婆豆腐のお店を教えてもらったので、終息したらぜひ行きたいです」

――人生の分岐点を教えてください
「やっぱりドラフト会議の日です。監督に『オマエならプロに行ける』と言われてプロ志望届を出すことになって、その日はソワソワしてなにも手につかなかったです。ドラフト6位なので待っている時間が長くて、ドラフトが始まってから1時間半ぐらい待ちました。待っている間の記者会見場の雰囲気がだんだん重くなってきて、辛かったです。自分は監督と一緒に会見場の真ん中に座っていて、記者の方やチームメートの親とかも来ていて、こんだけ人が集まっているのに指名されなかったら、どうしよう、なんて言えばいいんだと思いました。マリーンズから指名が来た時は本当に嬉しくて良かったあと思いました」

――あまちゃんは見ていましたか?
「見ていません。なんとなく話は分かりますが……。ドラフト会議が終わってスカウトさんから指名挨拶を受けて、その時に記者会見対応で広報でカジさんも来ていて、『NHKのドラマのあまちゃんは知っている?』と言われて、「種市先輩と呼ばれている?」と言われて『ああ、まあ』みたいな、あいまいな返事をしていたら翌日のスポーツ紙に『種市センパイ、じぇじぇじぇ』と記事になっていました。ああ、これがプロかと思いました」

――握力はどれくらいですか?
「右が68ぐらい。左は65ぐらいですかね」

――佐々木朗希選手はどんな人ですか?
「最初は人見知りな部分はありますが、よく話をします。とても意識高く練習をしている印象です。凄いと思います」

――目玉焼きはどうやって食べますか?
「マヨネーズをかけて、しょうゆをかけて食べます。お母さんがそうやって食べていたので……。なんで笑うのですか? 目玉焼きにマヨネーズをかけるのはおかしいですか? マヨネーズも卵ですよ」

――ドラえもんを描いてください
「描いたことがないです。難しいです。こんなのでいいですか? 一応、野球ボールも描いてみました」

――好きな漫画を教えてください。
「スラムダンク。中学校の時に初めて読んで3、4回、読み直しました。終わり方が最高に好きです!」

――好きな芸能人を教えてください
「ガッキー(新垣結衣)一択です! 自分の中では殿堂入りです」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)