12球団の三遊間ベストコンビは? アウト率から各チームの守備の特徴を探る

12球団の三遊間ベストコンビは? アウト率から各チームの守備の特徴を探る

ゾーン別のアウト率を、平均と比較する

広島は優れたデータ!? 三遊間コンビの守備状況を図示

 鋭い打球が多く襲うホットコーナーを担う三塁手――。幅広い守備範囲と強肩なくしてはアウトを稼げない遊撃手――。花形といっていい2つのポジションの守備がうまくいっているかどうかは、失点抑止への影響はもちろんのこと、そのチームに堅守の印象をもたらすものでもあるだろう。

 ゴロをどれだけアウトにしているかの数値を使って、どのチームの“三遊間コンビ”が、二塁と三塁の間を堅く守り抜いているかを考えてみたい。

 検討は、二塁から三塁までを11のゾーン(C〜M)に区分し、各ゾーンで捕球された、もしくは通過したゴロ打球が、どれだけの割合でアウトになったかを示したグラフを使う。投手が捕球できるような、定位置の前方に転がったゴロは対象から外している。そうした打球の処理ももちろん技術は必要だが、左右に動いて捕球する、より野手の基本的な動作や力量と関わりの深い打球に絞り対象とした。

 黒の実線で示したのがNPB平均で、定位置に近いゾーンでは高く、そうでないゾーンでは低く、グラフがうねっている。三塁手であればD、遊撃手であればJ付近が定位置となり、そこから離れるにつれてグラフが凹んでいっている。

 これに、各球団の数値を重ね合わせると、どれだけ打球をアウトにしていたかの平均との差と、どのゾーンでアウトを獲っていたか、獲れていなかったかなどの傾向が見えてくる。図は巨人のものだが、遊撃手がカバーする二塁寄りは平均を上回っており強みであること、三塁手と遊撃手両者でカバーする三遊間の深めのゾーンで平均を割っており、弱みであることがわかる。

広島、オリックス、ヤクルト、日本ハムなどが好結果

 こうした方法で各チームを見ていき、優れていたチームを挙げていく。まずは広島だ。三塁・安部友裕、遊撃・田中広輔というコンビが組まれることが多いが、ほとんどのゾーンでプラスを記録している。G、Hといった三遊間の深い位置もNPB平均を上回っており、野手陣はよくカバーしている。

 オリックスも小谷野栄一と安達了一らで組まれることの多いコンビがなかなかの結果を出している。ただ、三遊間深めをうまくカバーする一方で、三塁線側は若干平均を割っているのが広島との違いだ。ヤクルトは三塁線を確実に処理し二塁寄りがやや弱いものの、大きな穴はない。日本ハムも穴がなくほぼ全域で平均を維持している。

 この4チームの中心となる三遊間コンビが記録した個々の選手の数字を使って同様に図示してみると、各ゾーンのアウトを三塁手と遊撃手がどのようなバランスで獲っているかが見え、さらによく特性がつかめる。平均的なアウト率との比較に加え、各ポジションの選手がどれだけアウト率を高めているかに着目してほしい。

 広島、ヤクルト、日本ハムは、それぞれの三塁を守る安部、藤井亮太、ブランドン・レアードが三遊間深めの打球を積極的に捕りに行っている様子が見て取れる。安部と藤井はともに28歳、レアードも29歳。ベテランも多く見かける三塁手の中では平均か少し若めといったところ。瞬発力を生かした三遊間への対応がうまくいっている可能性はある。

 オリックスは逆に、遊撃手の安達が三遊間の深めをカバーしており、他球団とは一線を画している。その一方で二塁側の打球をアウトにする割合は平均を割っている。三遊間深めを意識した守備を行っているのかもしれない。

 同じように安定した守備範囲を見せている遊撃手の広島・田中は、二塁側もしっかり平均的な数字を残しているが、これは三塁側を安部にまかせることができているためか。レアードにある程度三遊間深めをまかせられている日本ハム・中島卓也が二塁側を広くカバーできているのも、同じような状況に見える。安達が守備範囲の広い三塁手と組んだ場合、結果が変わって来るのかは興味深いテーマだ。

 なお、過去について同じ数字を出してみると、安達は三遊間深めをカバーしつつも二塁側でも穴をつくらない驚異的な守備を見せていた。コンディション管理に苦慮している可能性もあり、シーズンを終えたときにもう一度見てみたい部分である。

 ヤクルトの大引啓次は少し変わった形のグラフになっている。定位置の左右に平均を割る穴をつくっていながら、その先のG付近で平均を上回ったりしている。サンプル数の少なさが引き起こした結果の可能性もあるが、打者によってポジショニングを変えている様子もある。いずれにしても、藤井とのコンビが三遊間の深めで強みを見せているのは確かなようだ。

ソフトバンクの三遊間にほころび? 目立つ若い三塁手の活躍

 次に、数字は良くないが、特徴がよく見える三遊間コンビを紹介していく。ソフトバンクは三塁手の松田宣浩、遊撃手の今宮健太が長らくコンビを組んできた。ともに優れた守備を見せてきたが、今季は松田の守備があまりうまくいっていないようだ。ただ、定位置のすぐそばで平均を大きく割っているが、GやHといった定位置から離れたゴロ打球については他の三塁手よりアウトにしている。いびつなアウト率の下がり方ではあるが、加齢の影響が出ている可能性もある。なお今宮は二塁側で平均を上回りつつ、FやGについても打球をよくアウトにして松田の不振をカバー。ソフトバンクの守備の要といっていい活躍を見せている。

 DeNAは、三塁の宮崎敏郎がFのゾーンまでではあるが三遊間やや深めでアウトを稼いでいる。しかし相棒の倉本寿彦はうまく打球を処理できておらず、コンビとしては、Gに穴をつくってしまっている。宮崎も28歳で、先ほどの安部、藤井と同じ年齢。守備範囲の大きさと年齢は関係がやはり深そうだ。

 パの首位を走る楽天のゼラス・ウィーラーと茂木英五郎のコンビも、小さいがGに穴をつくっている。穴が小さくて済んでいるのは、ウィーラーが三塁線の打球の優先度を下げているからかもしれない。松田が三塁線については良い数字を出しているのとは対照的だ。

 この傾向は先ほどのレアードや中日のアレックス・ゲレーロ、ロッテのマット・ダフィーなど外国人三塁手に共通しており、定位置よりやや右よりに強いゾーンを持っていることが多い。特にレアードやゲレーロは、多くの三塁手がアンツーカーの幅内の後方を守っているのに対し、アンツーカーの幅からはみ出た三遊間寄りを守っているケースが散見される。外国人三塁手の意識の違いが、結果に表れているのかもしれない。

 阪神は鳥谷敬と北條史也のコンビで見ると、遊撃手の北條が三遊間深めのカバーを意識している様子が見て取れる。一方で二塁側は多くのゾーンで平均を割っている。二塁側を捨てて、三遊間深めを押さえにいっているのだと思われるが、実現できているのは北條の強肩があるからだろう。この選択は誰にでもできるものではなさそうだ。

 守備評価には、エラーの数などから算出する守備率や、高度な計算を行うUZRなどがあるが、その間に位置するものとして、このような形もある。「飛んできた打球をアウトにした割合」というのは基準としてはシンプルなだけに、実感を得やすい面もあるのではなかろうか。(文:DELTA、分析:Student)

DELTA http://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1〜5』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『Delta’s Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(http://1point02.jp/)も運営する。

関連記事(外部サイト)