【MLB】田中将大、自己最悪&MLBワーストの今季26被弾 6回4失点で8勝目ならず

【MLB】田中将大、自己最悪&MLBワーストの今季26被弾 6回4失点で8勝目ならず

田中将大MLBワースト26被弾

【MLB】田中将大、自己最悪&MLBワーストの今季26被弾 6回4失点で8勝目ならず

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

1点のリードを許して降板、4失点の3回以外は好投も…

 ヤンキース田中将大投手は22日(日本時間23日)、敵地でのマリナーズ戦に先発し、6回7安打4失点6奪三振無四球で8勝目はならなかった。3回につかまり一挙4失点。2本塁打を浴びて今季の被弾は自己ワーストの「26」となり、メジャーでも今季ワーストタイの数字となった。3回以外は好投したが、1点のリードを許して降板。しかし、ヤンキースは8回に同点に追いつき、田中の黒星は消えた。

 田中は初回、7球で2アウトを奪うも、カノにはスライダーをセンター前に運ばれる。しかし、クルーズはカーブで中飛に仕留めた。ヤンキースは2回にフレイジャーの併殺打の間に1点を先制。その裏、田中は再び2死からヒットを許すも、後続を断った。

 だが、3回にマリナーズ打線につかまる。先頭ズニーノには速球をレフトスタンドへ運ばれ、3試合連続被弾で同点とされる。1死後にはギャメルにカーブをライトに運ばれ、逆転を許した。これが今季26被弾目。2015年の自己ワースト(25本)を更新し、メジャーワーストタイのノラスコにも並ぶ一発となった。

 さらに、クルーズのヒット、シーガーへの死球で一、二塁とされると、バレンシア、ハニガーに連続タイムリーを浴びてこの回4失点となった。

 4回はわずか6球で3者凡退。5回にはヤンキースが犠飛で1点を返した。その裏、田中はカノを右飛、クルーズは中飛、シーガーは一ゴロとクリーンアップを9球で3者凡退。ヤンキース打線が6回にジャッジのメジャートップ32号ソロで1点差とすると、田中はその裏も3者凡退と3回以外は安定した投球を続けた。

 しかし、球数が97球となり、1点のリードを許したままここで降板。マリナーズ戦は過去5戦5勝、防御率1.95。すべて7イニング以上を投げていたが、“お得意様”に勝てず。これで3試合連続白星なしとなった。

 この日は97球でストライクは65球。防御率は5.37となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)