【#今こそひとつに】元鷹・斉藤和巳氏、コロナ禍で配達員の笑顔に感じる「ふとした幸せ」

【#今こそひとつに】元鷹・斉藤和巳氏、コロナ禍で配達員の笑顔に感じる「ふとした幸せ」

元ソフトバンクの斉藤和巳氏【写真:荒川祐史】

野球を好きな人が、感謝の気持ちを発信する特別連載【#今こそひとつに】でリアルな感謝の声をお届けします

 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう今、各地では「STAY HOME」の動きが広がっている。一方で、この厳しい状況の中でも医療従事者をはじめ、社会のインフラを支える人々は、見えない敵が迫る最前線に立ち、私たちの日々の暮らしを支えてくれている。こんな状況だからこそ、身近にいる「命を支える人」「生活を支える人」「社会を支える人」に対し、感謝の気持ちを抱いた瞬間があるのではないだろうか。

 Full-Countでは、野球を好きな人が、感謝の気持ちを発信する特別連載【#今こそひとつに】をスタート。リアルな感謝の声をメッセージ動画とともにお届けする。

 第3回は、沢村賞を2度獲得し、投手5冠を達成した元ソフトバンクのエース、斉藤和巳氏だ。

 ◇ ◇ ◇

 現在は野球解説者として各メディアではもちろん、自身でもYouTubeチャンネルを開設するなど、精力的に活躍の場を広げている斉藤氏。野球ファンの中には、ホークス史上最強の投手、日本球史に残る名投手に推す声も数多い。

 京都・南京都高(現・京都廣学館高)から1995年ドラフト1位でダイエー(現・ソフトバンク)に入団。怪我の多い現役生活だったが、2003年に20勝(3敗)を挙げて最多勝、防御率2.83で最優秀防御率に輝くと、2006年にはNPB史上7人目の投手5冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率、最多完封)を達成。沢村賞には2003年と06年の2度輝いた。

 マウンド上では気持ちを前面に押し出した気迫あふれる姿で、ストレート、スライダー、カーブ、フォークを駆使した多彩な投球術で打者を翻弄。2008年1月に右肩手術を受け、1軍でのマウンド復帰を目指したが叶わず。惜しまれながらユニホームを脱いだ。

 解説者に活躍の場を移しても、的確でストレートなコメントが好評な斉藤氏が今、感謝の気持ちを伝えたいのは「宅配便の配達員の皆さん」だという。

「この状況の中、ふとした幸せを感じることが本当にありがたいと思っています」

 STAY HOMEが呼びかけられる中、家で過ごす時間が増えたため、「最近はこれまで以上にオンラインで食事(を注文すること)やネットショッピングをすることが多くなりました」という斉藤氏。注文した商品を自宅に届けてくれる配達員と顔を合わせるたび、感謝の気持ちが沸いてくる。

「この大変な状況の中、配達員の皆さんは嫌な顔一つせず、毎日、仕事をしていただいている。中には、笑顔を見せて御礼まで言っていただける時もあります」

 自分自身のリスクは顧みず、コロナ禍で沈みがちな日常に笑顔で商品を届けてくれる姿に、ふと何気ない日常の大切さを感じるようだ。

「今までは当たり前のように思っていましたが、この状況の中、そういうふとした幸せを感じることが本当にありがたいと思っています」

 これまでの日常が日常ではなくなった今だからこそ、斉藤氏のように改めて日々の生活にある幸せに気付く人も多いだろう。

「配達員の皆さん、いつも本当にありがとうございます」

 斉藤氏からの感謝の気持ちを届けます。

○Full-Countでは、特別連載【#今こそひとつに】をスタートさせました。新型コロナウイルスの感染拡大で社会状況が厳しい中、誰もが「命を支える人」「生活を支える人」「社会を支える人」に感謝の気持ちを抱いた瞬間があると思います。医療従事者や社会インフラの維持に尽力する人たちにその思いを届けたい――。人と人との“距離”が遠い今だからこそ、みんなの心をひとつにしたい――。頑張る人たちにエールと感謝の気持ちを届けるため、様々な「声」を発信していきます。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)