【球界名場面】名物実況&解説を襲った西武中村の一発にファン爆笑「放送席ゴーンヌ!」

【球界名場面】名物実況&解説を襲った西武中村の一発にファン爆笑「放送席ゴーンヌ!」

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

西武・中村の“放送席直撃弾”が実況&解説の名物コンビを襲った

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球の開幕は再延期が決まった。緊急事態宣言が延長となった今、「#Stay Home」プロジェクトも広がっている。選手、ファンにとってはもどかしい時間が続いているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeではファンの心を満たすような映像を公開している。

 2019年8月29日、帯広で開催された日本ハム対西武の一戦。スポーツ専門チャンネル「GAORA」の特設放送席で“事件”が起きた。4回、追い込まれた西武・中村剛也は外角低めに落ちる球に反応。前に出たバットはスイングかに見えたが審判の判定はセーフ。解説・岩本勉氏の「やめてください、スロー(再生)はやめてくださいよ!」という声も虚しく、やはりバットが回ったようにも見えるリプレー映像が大々的に映し出されてしまう。

 名実況「イッツ・ゴーンヌ!」でお馴染みの近藤祐司アナウンサーが「判定はセーフです」と仕切り直した次の瞬間だった。放送席のマイクには「ガンッ!」という衝撃音が。中村の放ったファウルボールが放送席を襲い、たった今までスロー映像を映していたはずのモニターを破壊した。偶然とは思えないほどのタイミングに、岩本氏も近藤アナも大慌て。「ああーもうこれ!ああーこれ!」とドタバタのうちに動画は終了している。

 この一部始終には、ファンも「スイングバレたから放送席に打つの草」、「証拠隠滅でモニター壊さないで」、「放送席ゴーンヌ!」、「岩ちゃんバチ当たったみたいな流れで草」、「これは放送席に報復ファウルですわ」と大爆笑だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)