【高校野球】初8強ふじみ野、敗退も実り多き夏 転勤した恩師の前で奮闘「感謝の気持ちで」

強豪・花咲徳栄に完敗も、創部以来初のベスト8に進出

 第99回全国高校野球選手権埼玉大会第12日は23日、県営大宮と市営大宮の2球場で準々決勝が行われ、24日の準決勝は浦和学院-春日部共栄、花咲徳栄-山村学園の顔合わせとなった。創部以来初のベスト8へ進んだふじみ野は、花咲徳栄に1-9で完敗。春季大会準々決勝に続いての7回コールド負けを喫した。

 3連覇を目指す花咲徳栄は先発に左打者を6人も並べ、準々決勝までの4試合で44得点の猛打ぶり。そこでふじみ野の和泉大介監督は、2年生左腕・梅沢駿平を初先発させた。

「(5回戦で)浦和実業の左腕が変化球を使い、花咲徳栄を抑え込んでいたことを参考にした」

 ところが1回に失策と盗塁、四球が絡んで先制されると、5番・須永光(3年)に3点本塁打を浴びていきなりの4失点。3回にも2安打に失策、2四球が重なり、梅沢と継投した同じく左腕の辻本大季(3年)で3点を献上。花咲徳栄の活発な打線に和泉監督の思惑は崩壊した。

 ふじみ野は2013年、大井と福岡が統合された新設校で、野球部も創部5年目と歴史は浅い。それでも前任の山崎警監督が着任するとメキメキ力をつけた。就任3年目の昨秋は、準々決勝で強豪の春日部共栄に2-3で敗れるも、堂々の8強入り。昨春にしても3回戦で花咲徳栄と2-3の競り合いを演じている。

 社会人野球の西濃運輸を経て、教職の道へ進んだ山崎監督は、富士見時代には07年の春季大会で準優勝し、関東大会8強、夏もベスト4という実績を残した。

人事異動で転勤した恩師への思いは今も…「野球人生で一番必要な人」

 ところがその恩人がこの春、人事異動で川越西へ転勤してしまった。後任の和泉監督は軟式野球部の監督歴はあるものの、硬式野球部で指揮を執るのは初体験。「うちは山崎先生あってのチーム。先生が育てたチームだけに力はあったので、戦力を維持するのに精いっぱいでした」と新米監督は謙虚だった。

 0-9と圧倒されていた7回、先頭の森竣亮(3年)が四球で出塁すると、小学校1年から森と同じチームでプレーしてきた高野将生(3年)も四球で続いた。1死後に広川幸太朗(3年)が中前打を放って、森が1点を返す意地のホームベースを踏んだ。

 誇らしげなガッツポーズ。森が「山崎先生は自分の野球人生で一番必要な人でした。礼儀やマナー、社会に出て役に立つことを教わった」と言えば、高野も「山崎監督のためにしっかり結果を出したかった。先生への感謝の気持ちを持って戦った」と恩師を敬慕した。

 ふじみ野の夏は終わった。しかし、野球部に新たな歴史を刻んだ実り多き夏ではなかったか。

 スタンドで愛弟子を見守った山崎さんは、「ベスト8なら頑張ったと思うが、もっとやれたとも思います。1、2年生は人に頼らず、自らチームを引っ張る心意気で取り組んでほしい。大切なのは自立。それがなければ成長しません」と愛情たっぷりのエールを送った。(河野正 / Tadashi Kawano)

関連記事(外部サイト)