【球界名場面】木村拓也さんの命日に… 盗塁も刺した10年ぶり“捕手”銀次に「何かを感じる」

【球界名場面】木村拓也さんの命日に… 盗塁も刺した10年ぶり“捕手”銀次に「何かを感じる」

“急造捕手”としてマスクを被った楽天・銀次【画像:パーソル パ・リーグTV】

代打攻勢でベンチ入り捕手を使い果たし、10年ぶりにマスクを被った銀次

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球の開幕は再延期が決まった。緊急事態宣言が延長となった今、「#Stay Home」プロジェクトも広がっている。選手、ファンにとってはもどかしい時間が続いているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeではファンの心を満たすような映像を公開している。

 2019年4月7日、オリックス対楽天の一戦。先発マスクの嶋は7回に代打で交代、その後は足立が捕手に入ったが、9回に再び代打が送られ、そこから3点差を追い上げる。土壇場で同点とした楽天だが、ベンチの捕手を使いきり内野手登録の銀次が“急造捕手”としてマスクを被った。

 捕手としてプロ入りを果たすも2009年以来10年ぶり、1軍戦では初マスクとなった銀次だが、“守護神”松井裕を冷静にリード。9回2死一塁の場面ではオリックスの西浦の盗塁を刺すなど延長12回引き分けに持ち込み、しっかりと代役を果たした。

 ブランクを感じさせないプレーに、ファンからは「10年ぶりにキャッチャーやってランナー刺すとかプロ中のプロですな」、「シルバーキャノンとかカッコよすぎ」と称賛の声が。

 また、くしくもこの日は巨人などでプレーした故・木村拓也さんの命日。2009年に同じく緊急マスクをかぶり無失点にしのいだ“先輩”との不思議な縁に、「キムタクの命日ってのがまたね……」、「今日は木村拓也さんの命日ですしね、何かを感じます」と木村さんを偲ぶ声もあがった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)