育成から異例出世の左腕モイネロは、登板過多ホークス救援陣の救世主か

育成から異例出世の左腕モイネロは、登板過多ホークス救援陣の救世主か

ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:藤浦一都】

登板8戦で失点はわずかに1試合のみ

 大きな収穫となる好投だった。ソフトバンクのキューバ人左腕、リバン・モイネロ投手。23日のロッテ戦(ヤフオクD)で2番手でマウンドに上がると、2回2/3を投げてパーフェクトピッチングを見せ「コントロールが良かったので、今日の結果に繋がった」と胸を張った。

 5回。先発の中田が井口の適時打で1点を追加され、鈴木に四球を与えたところで、出番は巡ってきた。1死一、二塁。ここで左腕はパラデスを低めのカーブで遊ゴロ併殺打に切って取った。「変化球を低めに集めようという意識だった」と狙い通りに打ち取った。6回、7回は3者凡退と、完璧な内容だった。

 WBCのキューバ代表メンバーだったモイネロ。5月に育成選手として契約すると、わずか1か月余りで支配下登録。6月16日に1軍昇格すると、そこから好投を続けている。

 7月1日の楽天戦(Koboパーク)で3失点したが、自責点はゼロ。同12日の楽天戦(ヤフオクD)では3イニングを投げて、無安打4奪三振の好投を見せた。7月19日の西武戦(北九州)で2失点し、続いていた防御率0.00は途切れたものの、これは初めて地方球場で投げたことも影響していたようだ。

工藤監督も期待「複数イニングもいける投手」

 このモイネロ。登板過多となっている森、岩嵜、サファテが担う「勝利の方程式」を救う存在として、期待出来る。岩嵜の46試合を筆頭に、森が43試合、サファテも40試合と、既に3人ともが40試合登板を越えている。五十嵐が太もも裏肉離れのために離脱しており、ここを埋める1枚が欲しいチーム状況にある。

 終盤戦に向けて、少しでも「勝利の方程式」の3人の負担は軽くしたいところ。この日、工藤公康監督も「今日みたいな複数イニングもいける投手。その辺は考えながらやりたい。試合の兼ね合いで1イニングもある」と、左腕の起用法には含みを持たせた。

 現状で、森、岩嵜、サファテ、そして左キラーの嘉弥真に続く存在として、筆頭候補となるのはモイネロだろう。勝ちパターンとして、5投手を用意出来れば、起用に幅が出来、40登板を越える3人の負担も減る。育成から異例のスピード出世を果たしたキューバ人左腕が、ソフトバンクのリリーフ陣の救世主となるかもしれない。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)