トレード対価は「驚愕の高値」、ダルビッシュを巡る状況を米敏腕記者が分析

トレード対価は「驚愕の高値」、ダルビッシュを巡る状況を米敏腕記者が分析

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

「レンジャーズはダルビッシュと尋常ではないほど深い絆」とリポート

 7月31日のトレード期限が迫る中、レンジャーズのダルビッシュ有投手がトレード市場での価値を最大限に高めている。8回5安打3失点12奪三振と好投した21日(日本時間22日)のレイズ戦を、カブス、ドジャースに加え、ヤンキース、アストロズも視察していたと報じられる中、米テレビ局「FOXスポーツ」は、レンジャーズが放出に踏み切る場合、複数の優秀なプロスペクトなど「驚愕の高値」を要求するだろう、と報じている。

 レンジャーズは今季奮闘するエース右腕を安値で売るつもりはないようだ。今季世界一を目指すチームがダルビッシュをトレードで獲得しても、今オフにフリーエージェント(FA)となるため、今季残り約2か月+プレーオフ限定の“レンタル契約”となる。だが、ダルビッシュはレンジャーズが所有する選手の中で、最も資産価値の高い選手だけに、最大限の見返りを要求しようというのが球団の戦略のようだ。

 24日現在、レンジャーズは借金2。プレーオフ進出を目指したワイルドカード(WC)争いでは2位レイズに2.5ゲーム差の位置につけ、争いから脱落しないよう綱渡りを続けている。プレーオフ進出を諦めたチームは来季以降を見据えたチーム作りに方針を転換するため、主力選手をトレード放出する傾向にあるが、FOXスポーツのケン・ローゼンタール記者が「今、レンジャーズは優勝を目指すモードになっている」と指摘する通り、レンジャーズは諦めていない。綱渡りのまま7月31日を迎えたとしても、エース左腕ハメルズとダルビッシュの2本柱を擁していれば、状況が好転する可能性は高まるため、トレード放出するとなれば「驚愕の高値」を要求するだけの価値はあるというわけだ。

獲得に強い興味を示すドジャースでエース左腕カーショーが負傷離脱

 また、ローゼンタール記者は「レンジャーズはダルビッシュと尋常ではないほど深い絆で結ばれている。彼らは長期契約を結びたいと希望している」と、自身の見解をリポート。今オフに再契約交渉に臨むとみており、トレード移籍しなかった場合に得られる独占交渉期間やクオリファイング・オファーによる保証を考慮しても、やはりトレード放出に踏み切った時には「恐ろしいほどの高値」がつけられることになる。

 ダルビッシュ自身は球宴時の会見で、レンジャーズへの愛着を示しながらも、FAやトレードでの移籍の可能性について「ビジネスの部分なので」と淡々と受け止めていた。

 日本人右腕の獲得に強い興味を持っているとされるドジャースは、エース左腕カーショーが腰を負傷して故障者リスト(DL)入りすることになった。また、右腕マッカーシーも右手にマメを作ってDL入り。メジャー最高勝率を誇りながら地区首位を快走するが、先発投手の補強に動く可能性は大きい。ドジャースには若手有望株が多数ひしめいており、レンジャーズが「驚愕の高値」を要求しても、それに応えられるだけの人材を用意することは出来る。

 トレード期限を前にレンジャーズ、そしてダルビッシュを取り巻く状況は、どう変化するのだろうか。しばらくはダルビッシュの名前がニュースを賑わせることになりそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)