南米で働く1人の日本人トレーナー 異国で国歌独唱まで任されるワケとは…

南米で働く1人の日本人トレーナー 異国で国歌独唱まで任されるワケとは…

ベネズエラのオールスター戦で2度国歌斉唱を務めた本間敬人氏【写真:本人提供】

日本人トレーナー本間敬人氏はベネズエラのオールスター戦でも2度国歌斉唱している

 南米の野球大国ベネズエラでプロ野球のトレーナーとして勤務しながら、毎年のように試合で国歌独唱を務めている異色の日本人がいる。現在、ドミニカ共和国にあるフィリーズ傘下のアカデミーで働いている本間敬人氏だ。米国で4回、そしてベネズエラのウインターリーグで8回。ベネズエラではオールスターでも2度、国歌を歌った。本間氏はなぜ歌い続けるのか、その訳を聞いた。

 日本の高校を卒業後、米国の大学を経て、07年から米国大陸の野球界で働いている本間氏。トレーナーの本業だけでなく、毎年のように試合前に国歌独唱を務めている変わった経歴の持ち主だ。初めて歌ったのは大リーグ・フィリーズ傘下のハイAで勤務していた07年だった。
 
「『おまえ、米国に7年も住んでるのに国歌を知らないのはまずくないか?』って話になって、確かにそうだと思い、覚えたんです。そしたら『じゃあ歌っちゃえば?』ってなりまして……。米国では毎試合、試合前に国歌が流れるんですが、マイナーでは通常、テープが流れるだけ。自分は別に歌が上手い訳でもないんですけど、『それなら俺、歌います』と、勢いで歌っちゃいました」

 米国ではその後も3度、国歌独唱を務めた。それはウインターリーグで働いていたベネズエラでも続いた。

「ベネズエラでも毎試合国歌斉唱があったので、歌詞を覚えたんです。そしたら、選手たちから『歌えよ』と言われ、その話がGMにも伝わって、1か月後に歌うことになった。外国人で珍しいからでしょうね。歌ったら『ベネズエラ人でも歌詞間違えるのに、よく歌い切ったな』と褒めてもらえました」

 ベネズエラでは07年から働いていた本間氏が同国で初めて国歌を歌ったのは、ナベガンテス・デル・マガジャネスに所属していた10年。その試合でチームが勝利し「おまえが歌うと勝つから、ゲン担ぎで大事な試合でまた歌ってもらおう」となり、プレーオフでも歌うと、またもチームは勝利。本間氏は「勝ったのはただの偶然」と話すが、その後も負けられない大事な試合で大役が回ってくるようになった。チームは12、13年に2年続けてリーグ優勝。中南米No.1の座を争うカリビアンシリーズにも出場した。

 オールスターでも歌った。11年はオールスター前日に行われたホームラン競争前に国歌を独唱。13年にはオールスター本番でも国歌を独唱し、全国に生中継された。

治安の悪いベネズエラ、国会斉唱は「良かったなと思いますね」

 その後もマガジャネスでの国歌独唱は続き、いつしか年に1度の恒例行事となっていった。国歌独唱時の連勝記録はもうストップしたが、今でも高い勝率を誇る。本間氏はまだカリビアンシリーズで優勝を経験したことがなく、チームの一員として、カリブの頂点に立つ日を夢見ている。「選手も含め、日本人でカリビアンシリーズで優勝を経験した人はまだ1人しかいない。僕もそれを味わいたいんです」。06年オフにドミニカ共和国のアギラス・シバエーニャスでトレーナーを務めていた、現DeNAチーム統括部人材開発コーディネーターの住田ワタリ氏が、同大会で優勝を経験した唯一の日本人。本間氏は先人の住田氏に続くためにも、ゲンのいい自らの歌声を封印するつもりは全くない。

「ベネズエラは今、治安が悪く、物が満足に手に入らないので、首都カラカスの空港から入国すると、荷物検査で言いがかりをつけられて、米ドルや仕事に必要な薬を取られてしまうこともあるんですが、マガジャネスの地元の空港から入国すれば、チームのファンの職員が顔を覚えてくれているので、荷物を盗まれることもない。そこは良かったなと思いますね」

 毎年の国歌斉唱でファンに顔が知られるようになり、それが入国時の身の安全にも繋がっていたのだ。

 もちろん、本業のトレーナーとしての評価も高い。19年秋にはプレミア12に出場したベネズエラ代表のトレーナーも務めた。同国代表チームからは、コロナ禍の影響で延期された東京五輪米大陸予選も打診されており、今や同国を代表するトレーナーの1人。異国の地でも臆することなく飛び込んでいける明るさとノリの良さが、海外で仕事を続けられる秘訣だ。

 本間氏がベネズエラのウインターリーグで働いていたのは17年まで。18年は米国からの経済制裁の影響でチームが資金難となり、外国人スタッフを雇えなくなり、07年から続いていた同国での連続勤務は11年で途切れた。19年もMLBがすべてのメジャー傘下の選手、スタッフにベネズエラの同リーグに参加することを禁じたため(この規制は同リーグのレギュラーシーズン終盤に解除)、2年続けて涙を飲んだ。

「僕にとってベネズエラは第2の故郷みたいなもの。もしチャンスがあれば、また行きたいですね。もちろん国歌も歌いたい。国の情勢が絡んでくるので、自分の思いだけではどうにもなりませんが、うまくいくことを願っています」

 この冬、3年ぶりにチームに戻れる日を今から楽しみしている本間氏。その先には、7年ぶりのカリビアンシリーズ出場という目標もある。今オフ、同大会に出場予定なのは、ドミニカ共和国、メキシコ、ベネズエラ、プエルトリコ、コロンビア、パナマの6か国。各国のウインターリーグに参加する計40近いチームの頂点に立てる日を、心待ちにしている。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

関連記事(外部サイト)