【始球式名場面】笑顔が眩しい始球式 美女タレントがショーパン投球でファン魅了

【始球式名場面】笑顔が眩しい始球式 美女タレントがショーパン投球でファン魅了

始球式に登場したタレントの梅本美優さん【画像:パーソル パ・リーグTV】

2017年7月29日にZOZOマリンスタジアムで始球式を務めた梅本美優さん

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球の開幕は再延期が決まった。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気分を晴れやかにしてみるのはいかがでしょうか? ここでは過去に数々の有名人が登場した始球式を「パーソル パ・リーグTV」の映像をもとに振り返っていく。

 2017年7月29日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対西武戦でマウンドに上がったのはタレントの梅本美優さんだった。

 当時、ロッテが本拠地を置く千葉県を走る京成電鉄の沿線情報誌「京成らいん」のカバーガールを務めていた梅本さん。この日は「京成グループ花火ナイター」として開催されたこともあり、始球式の大役が巡ってきた。

 京成スカイライナーの最高速度である「160」の背番号のユニホームに黒のショートパンツ姿で登場した梅本さん。可愛らしい笑顔を振りまきながらマウンドへと上がると、当時、まだ現役だった現在の井口資仁監督に対してボールを投じた。

 大きく振りかぶったフォームはサマになっており、ワンバウンドで捕手へと届く見事な1球に。投げ終えた梅本さんはホーム方向へと深々と頭を下げて一礼。礼儀正しく、最後まで笑顔を絶やさずにマウンドを降りた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)