【MLB】幻の完全試合はごめんだ! 誤審に泣いた右腕が承認望む「あれはパーフェクト」

【MLB】幻の完全試合はごめんだ! 誤審に泣いた右腕が承認望む「あれはパーフェクト」

タイガースなどで活躍したアーマンド・ガララーガ氏【写真:Getty Images】

元タイガース・ガララーガ氏は2010年にあと1死から誤審で完全試合を逃した

 元タイガース投手で2010年に誤審で完全試合を逃したアーマンド・ガララーガ氏が完全試合として認めるよう求めていると米メディア「ジ・アスレチック」など米複数メディアが伝えた。

 ガララーガ氏は同年6月2日の本拠地インディアンス線で先発し、9回2死から一塁へのゴロでベースカバーに。打者走者より先に一塁を踏んだとみられたが、セーフと判定されてパーフェクトを逃した。試合後に映像を見直したベテラン審判ジム・ジョイス氏が誤審と認めて謝罪した。

 あれから10年。ガララーガ氏は誤審で完全試合を逃したことに納得できないようだ。同メディアの取材に対し、「MLBがどうしたら僕に完全試合をくれるかって。だってあれはパーフェクトだっただろう?」と問いかけた。「なぜそうできないのか? なぜ、こんなに長い間何もしなかったのか? 自分が死んだ後になって、『ああ、そういえば、彼は完全試合を達成したんだ』と彼らが言うのは聞きたくない」と理解を求めている。

 また、誤審したジョイス氏も「ガララーガに同意するよ。完全試合を達成したのだから」と回答。ビデオ判定が導入された現在では決して起こることはなかっただろうが、果たしてガララーガ氏の快挙は認められるのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)