楽天VSソフトBの首位攻防戦、第1ラウンドは則本VS東浜の90年同級生対決

楽天VSソフトBの首位攻防戦、第1ラウンドは則本VS東浜の90年同級生対決

楽天・則本昂大【写真:荒川祐史】

今季の直接対決は8勝5敗で楽天リード、1点差ゲームは7試合と拮抗

 みちのく仙台の地で、狗鷲と鷹が相まみえる。パ・リーグ首位を走る楽天と、1.5ゲーム差で追うソフトバンクが、25日から楽天の本拠地Koboパーク宮城で3連戦に臨む。後半戦最初の首位攻防戦。終盤戦に向けての優勝争いを占う重要な直接対決となる。

 今季ここまで楽天とソフトバンクの直接対決は13試合あり、8勝5敗と楽天が3つ勝ち越している。7月11、12日にヤフオクドームで戦った前半最後の2連戦は楽天が2連勝。その前6月30日から7月2日にKoboパークで戦った3連戦は2勝1敗でソフトバンクが勝ち越した。13試合中7試合が1点差ゲームで、6月30日の一戦から4試合連続で1点差ゲームとなり、7月12日は2点差の試合。両チームの実力は拮抗しており、毎試合のように痺れるような接戦が展開される。この3連戦もハイレベルな激戦が期待出来そうである。

 その第1戦。首位の楽天は、エース・則本昂大投手を“満を時して”投入する。オールスターで自己最速の158キロをマークした右腕は、後半戦最初の2カードに登板せず。登板間隔を空け、十二分な休養と調整期間を確保して、首位攻防戦第1ラウンドで登板する。

 則本は今季ソフトバンク戦では2試合に投げて1勝0敗。今季初先発だった4月4日のホームゲームでは6回5安打8三振1失点で勝利しているが、前半戦最後の先発だった7月11日のビジターゲームでは序盤3回までに4点を失った。味方が逆転勝利を収めたため、黒星は逃れた。

 対ソフトバンクは決して得意とは言えないが、今回は本拠地での一戦。今季Koboパーク宮城では8試合に先発して6勝1敗、防御率2.70。現在6連勝中で、60イニングで79三振を奪っており、本拠地での試合は得意としている。これは則本にとって追い風となるだろう。

ソフトバンク先発は自身初2桁勝利に王手の東浜

 ソフトバンクの初戦の先発は東浜巨投手。東浜は後半戦開幕投手を任され、7月17日の西武戦(ヤフオクD)に先発。8回途中5安打1失点の好投で、則本に並ぶハーラートップタイの9勝目をマークした。そこから中6日で首位攻防第1ラウンドに臨む。

 今季更なる成長を遂げ、ローテの柱として安定した投球を続けている東浜。15試合中11試合でクオリティースタート(QS、6回以上自責3以下)を達成しており、QS率73.3%は則本を上回っている。今季はソフトバンク先発陣でナンバーワンの安定感を誇っていると言っても過言ではない。

 ただ、その東浜、敵地での楽天戦を苦手としている。今季先発した6月30日の試合では7回途中4失点で今季3敗目を喫している。プロ1年目の2013年から5度敵地で先発しているが、全てで黒星を喫している。果たして“6度目の正直”と出来るだろうか。

 則本と東浜は1990年生まれの同級生。則本は2012年のドラフト2位で楽天に、東浜はその年のドラフト1位でソフトバンクに入団した。則本は1年目に15勝をマークして新人王に輝き、2年目以降も14勝、10勝、11勝と、4年連続2桁勝利をマークしている。一方の東浜はなかなか結果を残せず、昨季マークした9勝が自己最高。この登板には自身初の2桁10勝目がかかっている。直接に対決するわけではないが、この同級生、同期入団の両右腕の投げ合いに注目だ。

 野手陣で言えば、楽天は茂木を右ひじ痛で欠き、藤田も登録を抹消されている。さらに、23日のオリックス戦(Koboパーク)でペゲーロ、岡島が負傷し、24日に登録を抹消された。ここに来て負傷者が増えており、これが打線にどう影響を及ぼすだろうか。

 ソフトバンクの打線は、一時チームを離れていた面々が復帰。柳田が右膝の痛みを抱えているが、離脱者は少ない。ムードメーカーでもある川崎が抱えていた両足アキレス腱の痛みなどで、24日出場選手登録を抹消されたことが、どのような影響を与えるか。

 毎試合、手に汗握る好ゲームを戦っている楽天とソフトバンク。真夏の仙台で戦う首位攻防戦は、一体どんな戦いとなるだろうか。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)