16球団構想が実現したら… 参入候補地、リーグ分けを独自にシミュレーション

16球団構想が実現したら… 参入候補地、リーグ分けを独自にシミュレーション

NPB公式戦や日米野球などで使用されている沖縄セルラースタジアム那覇【写真:Getty Images】

候補地に挙がるのは沖縄、新潟、松山、静岡らの自治体

 ソフトバンクの王貞治球団会長が打ち出したプロ野球16球団への“エクスパンション構想”。現行のセパ12球団から4球団を増やすというもので、王会長は「若い人にチャンスが広がる」と、野球の底辺を拡大するためにも球団数を増やすことは必要だと、構想の思いを明かしている。

 その新規参入の候補となる地域は複数あり、すでにいくつかの候補地の名前も挙がっている。大前提となるのは、プロ野球を開催出来るだけのスタジアムがあるかどうか。ナイター設備を備え、収容能力も最低でも2万人以上は欲しい。そして、現在、プロ野球球団が本拠地を置いていない“空白地”であることも条件になる。

 筆頭候補に挙がるのが沖縄県那覇市。将来的なNPB参入を目指して今年から琉球ブルーオーシャンズが発足。キャンプ地としてもよく知られ、野球人気は高く、収容人数約2万人の沖縄セルラースタジアムでは、毎年のように公式戦が開催されている。

 沖縄の他に有力地として挙がるのが新潟市、松山市、静岡市の3都市。新潟市のハードオフエコスタジアムは3万人収容可能とプロ野球球団の本拠地と比較しても遜色ないスペックを誇る。松山市の坊ちゃんスタジアムも収容3万人、静岡市の草薙球場は2万人超となっている。この他にも岡山市(マスカットスタジアム)、宇都宮市(宇都宮清原球場)、高松市(レグザスタジアム)あたりも候補になるだろうか。

セ・リーグとパ・リーグではやはりどうしても移動に差が

 16球団にプロ野球が拡張されれば、2つのリーグで、それぞれ2地区に分かれた形となることが想定される。では、例えば、上記の沖縄、新潟、松山、静岡の4都市が参入したとして、セ・リーグ、パ・リーグを8球団ずつ、東地区と西地区に分けるとどんな顔触れになりそうか。現在のリーグ構成をベースに立地や交通の便などを考えて、既存球団3+新規参入1で4地区への振り分けをシミュレーションしてみた。あくまでも仮想、である。

【セ・リーグ】
○東地区
巨人(東京)DeNA(神奈川)ヤクルト(東京)新潟
○西地区
中日(愛知)阪神(兵庫)広島(広島)松山

【パ・リーグ】
○東地区
楽天(宮城)日本ハム(北海道)ロッテ(千葉)静岡
○西地区
西武(埼玉)オリックス(大阪)ソフトバンク(福岡)沖縄

 関東近郊に3球団が集中し基本的には全て新幹線で移動可能なセ・リーグと、北は北海道、南は福岡と広範に球団が散らばるパ・リーグでは、やはりやや偏りが出る印象だ。その中でも、特にパ・リーグの東地区はやや移動が厳しいか。いっそのこと、一度、リーグを解体して新たに組み直しても面白い。

 底辺の拡大を目指す、このエクスパンション構想。上記はあくまでもシミュレーションであり、今後どうなるかはまだ分からない。各自治体の理解や、球団をスポンサードしてくれる企業の確保など、まだまだ課題はたくさんあることだろう。それでも、夢の膨らむ構想ではないだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)