台湾プロ野球、15日から最大2000人の入場を許可 球場内の飲食店も再開へ

台湾プロ野球、15日から最大2000人の入場を許可 球場内の飲食店も再開へ

8日に観客の入場が解禁された台湾プロ野球【写真:Getty Images】

家族なら隣の席での観戦も可能に

 台湾プロ野球(CPBL)は14日、15日から最大2000人の観客を入れて試合を行うと発表した。また、球場内では食べ物を販売し、家族なら隣の席でも観戦できるという。

 新型コロナウイルスで各国のプロリーグが延期となる中、台湾プロ野球は4月12日に“世界最速”で無観客開幕。8日から上限1000人の観客を入れて試合を開催している。今後も状況を見て段階的に引き上げる見込みだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)