鼻下3ミリ顎6ミリ…西武本田の髭がシーズンイン「開幕に近づいてくれば嬉しい」

鼻下3ミリ顎6ミリ…西武本田の髭がシーズンイン「開幕に近づいてくれば嬉しい」

自主練習を行った西武・本田圭佑(14日撮影)【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

自主練習では週2回ブルペン入り「いい時の球速(147キロ)が出るくらいの調子」

 週に2回ブルペンに入り多い時は約70球。日々、筋力トレーニング、ランニング、キャッチボールなどのメニューをこなし調整を続ける西武の本田圭佑投手は、春先に比べて調子が上がってきた。

「この自主練習期間中に上がってきましたね。ウエイトもあまり重い物でやっていなかったんですが、重さを増しました。回数は少なめにして、質を上げるように」。そんな成果はしっかりと出始めている。「打者がいれば、直球もいい時の球速(147キロ)が出るくらいの調子」と笑顔を見せた。

 14日もブルペンに入り、自身の出来にうなずいた本田は、球速、球質も徐々に手応えを感じており、常時表情は明るい。そしてその明るい表情には、昨年同様しっかり整えられた髭。通常、手入れは毎日行うか2日に1回。剃刀、バリカンを巧みに使い、鼻の下は3ミリに、そして顎は6ミリにキープする。試行錯誤する中で、「この長さがしっくりくるな」と鏡と向き合い決めた長さだ。

 昨年、西武の髭と言えば本田というイメージを確立させたが、思わぬライバルが現れたのは今年の自主練習期間中。増田達至、武隈祥太らが口の上下、顎から耳にかけて髭を蓄え、その長さは本田と引けを取らないものになった。「正直、髭と言えば(周りの皆さんには)自分だと思って欲しかった(笑)。増田さん、武隈さんのを見て凄い髭だと思った」とポツリ。「なんか埋もれてしまったな」と続けた。

 そんな本田もこの期間中は周りに触発? されてか、通常の長さの2倍まで髭を伸ばしたという。顎はゆうに1センチを超え12ミリ、口の上も6ミリまで伸ばした。そして、そんな本田を指摘した投手が増田と武隈だったという。「おまえ、そろそろ剃れよ」と声をかけられ、結局は先輩には逆らうことができずに、元の長さに戻したことを明かした。

 ただ、理由はそれだけではない。「やはり、この事態が終息して、開幕に近づいてくればうれしいです。そんなことも思いまして、シーズン仕様にしようと思いました」。球音はきっと近づいている。昨年同様、マウンドではちょっと強面の本田圭佑が躍動するのが楽しみだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)