ハム上沢が7回2失点で4戦連続QS、大谷3号場外弾でチーム通算1000勝達成

久しぶりの黒土にしっかり対応、失点は鈴木と中村のソロ2本のみ

 日本ハム上沢直之投手が26日、帯広でのロッテ戦に先発し、7回を2被弾を含む4安打2失点(自責2)、1四球4奪三振と好投し、今季3勝目(3敗)を挙げた。チームは王手から4連敗と足踏みしていた北海道移籍後通算1000勝を達成した。

 2年ぶりの帯広のマウンドで躍動した。前日「黒土のマウンドで投げるのは久しぶり。しっかり対応しながらいいパフォーマンスをしたい」と気を引き締めた右腕は、味方が1点を先制した直後の2回、鈴木に左翼へのソロ弾を許し、同点に追いつかれた。だが、3回を3者凡退とすると、4回以降は毎回走者を背負いながら無失点。ロッテ先発唐川と投手戦を演じた。

 痛かったのは7回だ。簡単に2死まで奪ったが、中村にバックスクリーン最前列に飛び込むソロ弾を浴び、1点を勝ち越された。

 だが、上沢の好投を打線が援護した。直後の7回裏にレアードが失策で出塁すると、大田がセンターへの二塁打で続く。1死後に代打・矢野が三遊間を破る2点タイムリーで見事逆転に成功した。

 8回にはDH出場の大谷が復帰後初となる3号場外弾でダメ押しの4点目。勝利を確実なものとした。

 決勝打を放った矢野とお立ち台に上がった上沢は「帯広サイコー!」と絶叫。チーム通算1000勝の喜びを爆発させた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)