鷹・工藤監督「対応はできる」 分離練習開始、開幕へ向けシミュレーション万全

鷹・工藤監督「対応はできる」 分離練習開始、開幕へ向けシミュレーション万全

オンラインで報道陣に対応したソフトバンク・工藤公康監督【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

「皆さんに感動してもらえるプレーを見せられるように準備していきたい」

 ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームとファーム本拠地タマスタ筑後で分離練習を開始した。投手と野手が午前ぐみと午後組に分かれて練習を実施。活動休止後初めて投手と野手が合流して練習を行い、午後組を視察した工藤公康監督はオンライン会見で「人数は半分にはなりますけど、バッティングを見られたり、野手の人を見ることができて良かった。ユニホーム着て緊張感ある中で動いてくれて、ホッとした部分はあります」と語った。

 投手と野手が半分ずつに分かれての分離練習。首脳陣も午前と午後に分かれ、午前は森浩之ヘッドコーチ、午後は工藤監督が指揮を執った。シートノックやフリー打撃が行われ、さらには午前は川原弘之投手、午後は石川柊太投手が打撃練習に登板。午前は今宮健太内野手や甲斐拓也捕手、午後は内川聖一内野手や松田宣浩内野手といった主力が打席に立った。

 まだ開幕が正式には決まらない中で、6月中旬から下旬での開幕が見込まれている。様々なパターンを想定し、調整プランのシミュレーションを重ねている工藤監督は「この状況がどう変化するのかによって変わるとは思いますが、私なりにシミュレーションはイメージできています。できる時、できない時をイメージしているので対応はできると思います」と、開幕までの道のりを描いている。

 今後はコロナウイルスの感染拡大の状況を見極めながら、練習メニューのステップアップ、シート打撃や紅白戦の導入などを検討していく。工藤監督は「我々はできることをやっていきながら、開幕を迎えられるように、コロナと戦いながらやっていこうと思います。予断を許さない状況ですが、必ず開幕すると思っているので、また皆さんに感動してもらえるプレーを見せられるように準備していきたいと思います」と語り、ファンへのメッセージを送っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)