西武ドラ3源田、球団新人最多記録更新の26盗塁 豊田氏、石毛氏を超える

初回に二盗を決めて記録更新

 西武のドラフト3位ルーキー・源田壮亮内野手が、球団の新人最多盗塁記録を更新した。

 26日のオリックス戦(メットライフ)。2点を先制されて迎えた初回だった。先頭の秋山が右前安打で出塁。続く源田は遊ゴロに倒れ、秋山が封殺となった。一塁に残ったドラ3ルーキーは、続く浅村の打席でスタートを切り、今季26個目の盗塁を成功させると、2死から4番中村の22号同点2ランでホームを踏んだ。

 これまでの西武の新人盗塁記録は1953年の豊田泰光、81年の石毛宏典の25盗塁だった。今季開幕から遊撃の定位置を掴んでいる源田が、球団の偉大な先輩を超えた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)