ソフトBバンデンがミラクルキャッチ 打球がかかと直撃→背面のグラブに

目を疑う驚きのプレーでアウトに

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が、“ミラクルキャッチ”を見せた。26日の楽天戦(Koboパーク)。6回に、目を疑う驚きのプレーは起きた。

 首位の楽天、2位のソフトバンクの直接対決。両チームが1点ずつを取り合い、同点で迎えた6回、先頭の聖沢の打席だった。2ボール2ストライクからの6球目だった。聖沢の打球は、痛烈な打球で右腕の背後を襲った。

 バンデンハークが、自らの背面にグラブを回すと、打球が左足のかかとに当たり、偶然にも跳ねた打球がグラブの中へと収まった。落ち着いて一塁へとボールを送り、投ゴロ。ラッキーな形で、先頭打者を打ち取った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)