巨人から移籍の楽天クルーズ、即先発で適時打 大歓声に満面笑み「ヒサシブリ」

トレードで巨人から加入、8回に貴重な追加点もたらす適時打

 巨人から金銭トレードで楽天に移籍したルイス・クルーズ内野手が、貴重な一打を放った。26日のソフトバンク戦(Koboスタ)。この日トレードが決まったクルーズは、即出場選手登録され、「6番・遊撃」でスタメン起用された。

 遊ゴロ、二ゴロ、二ゴロと3打席凡退しての4打席目。2点差に広げて迎えた8回1死一、三塁のチャンスで打席に入ると、ソフトバンク3番手・森の真っ直ぐを左前へ。移籍後初安打は、4点目を呼び込む貴重なタイムリーとなった。

 一塁塁上では、ベンチに向かって楽天ナインお決まりの「バーン!!」のポーズを決め、笑顔が弾けた。

 楽天は4-1でソフトバンクとの首位決戦第1戦に勝利。試合後にはお立ち台に上がり、「“ヒサシブリ”にこういう歓声を浴びてすごく嬉しい」と日本語を交えて満面の笑み。頼りになる新助っ人が加わった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)