ファンが選ぶ12球団“イケメンベストナイン”は? 若手投手はオリと鷹の右腕がトップ

ファンが選ぶ12球団“イケメンベストナイン”は? 若手投手はオリと鷹の右腕がトップ

ソフトバンク・板東湧梧【写真:藤浦一都】

4人のノミネート選手からオリ山岡と鷹板東が1位に輝く

 新型コロナウイルスの感染拡大により開幕が延期となっている日本のプロ野球。オフから新たなシーズンの開幕を待ち望んでいた野球ファンにとっては、もどかしい時間が続いているに違いないだろう。

 開幕がなかなか訪れず、退屈な思いをしているファンと共に何か楽しめる企画はないか。「Full-Count」編集部ではそんな思いとともに様々な企画を考えた。そして、公式ツイッター上で球界の“イケメン選手”アンケートを実施。球界の“イケメンベストナイン”を選ぶ。

 編集部内でイケメンと思われる選手を各ポジションごとに4人ずつを選出。アンケートでファンからの投票を募った。投手は人数が多いため、2020年終了時点の年齢で「10、20代先発」「10、20代リリーフ」「30、40代先発」「30、40代リリーフ」にグループ分けし、アンケートを実施。その第1回は「10、20代先発」と「10、20代リリーフ」だ。

 ノミネートする選手を選ぶだけでも難しかった、このイケメン選手権。その中で「10、20代先発」にはオリックスの山岡泰輔投手、ソフトバンクの高橋礼投手、日本ハムの上沢直之投手、そして広島のドラフト1位森下暢仁投手の4人が候補となった。

 いずれも甲乙付け難い“イケメン揃い”で投票は激戦となり、1万票近い投票総数の中で、トップの34%を得たのはオリックスの山岡だった。オリックスの女性ファン「オリ姫」が選ぶ「オリメン」ランキングを2年連続で制している山岡。その爽やかで端正な顔立ちはファンの心を掴んで離さないようだ。

 山岡に次ぐ2位は高橋礼の32%で、3位の上沢が18%、4位の森下が16%という結果に。また、この4人の他にも西武の今井達也投手を推す声が多数あがり、ヤクルトの原樹理投手、中日の梅津晃大投手らの名も挙がった。ソフトバンクの東浜巨投手を推す声もあったが、東浜は今季途中で30歳となるため「30、40代」の候補選手としている。

リリーフでは高橋純が2位に入り、ソフトバンクの2人がワンツー

「10代、20代リリーフ」ではソフトバンクの高橋純平投手、板東湧梧投手、中日の岡田俊哉投手、ロッテの成田翔投手をノミネート。その中で37%の票を集めたのは、今季2年目の板東だった。

 2018年のドラフト4位でJR東日本からソフトバンクに入団した板東。その端正な顔立ちは入団直後から鷹ファンの間では話題に。まだ1軍登板こそないものの、期待を集める右腕だ。チームメートの間でもイケメンぶりは評価されており、石川柊太投手が自身のツイッターで「ばんどうにいっぴょう」とツイートしたほどだ。

 リリーフで2位だったのは板東のチームメートの高橋純で27%。岡田が21%で続き、成田が15%だった。また、この4人の他に中日の伊藤準規投手やソフトバンクの甲斐野央投手、西武の森脇亮介投手といった声も寄せられていた。「30、40代先発」編と「30、40代リリーフ」編は現在、Full-Countの公式ツイッターでアンケートを受け付けている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)