オリ安達、白血病と闘う池江璃花子さんの姿に感銘 動画公開「皆、一人じゃありません」

オリ安達、白血病と闘う池江璃花子さんの姿に感銘 動画公開「皆、一人じゃありません」

オリックス・安達了一【写真:荒川祐史】

安達は2016年1月に難病指定の「潰瘍性大腸炎」を発症

 オリックスの安達了一内野手が18日、自身のインスタグラムを更新。白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子さんの姿に励まされたことを明かし、新型コロナウイルスを乗り越えるメッセージ動画を公開した。

 安達自身は2016年1月に難病指定の「潰瘍性大腸炎」を発症し、病気と闘いながら今もプレーを続けている。これまでも数々のファンからエールをもらい、それを力に変えてきた。新型コロナの感染拡大により不安な日々が続くが共に力を合わせ乗り越えることを望んでいる。

 以下は安達がファンに向け送ったメッセージ動画。

「池江璃花子さんが病気と闘っている姿にたくさんの人が励まされたと思います。自分もその中の一人です。病気を公表すること、闘病中の自分の姿を見せること、それはとても勇気のいることだと思います」

「今の新型コロナウイルスもそうですが、いつ、だれが、どういう病気になるか分かりません。周りの人が、自分が、もしそうなっても皆一人じゃありません。色々な方の助けがあって今の自分もここにいます。小さな希望が集まって、初めて大きな夢になると思います。みんなでこの苦難を乗り越えられるよう頑張りましょう」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)