【私が野球を好きになった日18】19歳で出会った野球が人生を変えた 教員になった元女子プロ野球選手の次の夢

【私が野球を好きになった日18】19歳で出会った野球が人生を変えた 教員になった元女子プロ野球選手の次の夢

駒大苫小牧女子硬式野球部の部長に就任した佐藤千尋さん【写真:石川加奈子】

埼玉アストライア、愛知ディオーネなどに在籍していた佐藤千尋さんは今春から駒大苫小牧女子野球部部長に

 Full-Countでは選手や文化人、タレントやアナウンサーら野球を心から愛する人々の「私が野球を好きになった日」を紹介。第18回は、元女子プロ野球選手で今春創部したばかりの駒大苫小牧女子硬式野球部の部長に就任した佐藤千尋さん。野球との出会いは19歳だった。昨年まで女子プロ野球リーグに所属していた佐藤さんは次の夢へ向かって歩み出している。

 昨季まで8年間女子プロ野球選手として活躍した佐藤さんが野球を始めたのは19歳と意外にも遅い。体育教師を目指して入学した北海道教育大岩見沢校では、マネジャーとして硬式野球部(男子)に入部した。

「大学ではキャンパスライフを謳歌したいと思っていました。高校時代は日焼けして、髪も短かったので、女性っぽくなりたいと思って」とサポート役に徹するつもりだった。岩手・一関第一高時代にソフトボールで全国選抜大会に出場し、選手としては完全燃焼したという思いも強かった。

 だが、練習を手伝ううちに新たな感情が芽生えた。当時札幌学生野球連盟で一部昇格を目指していた同校は、学生が監督を務め、選手たちが自ら考えて練習するチーム。日々ノックを打ち、ティー打撃のボールを上げながら、佐藤さんは自主性と活気にあふれたこのチームの魅力にはまっていく。

「高校時代はやらされていた感じで楽しいと思ったことはなかったのですが、大学ではみんな自由に伸び伸びと練習しながら、やるときはやるという人たち。『野球ってこんなに楽しんだ!』と思いました。雰囲気も良くて、知らず知らずのうちに野球をやってみたいと思っていたんでしょうね」。

 そんな佐藤さんの思いを最初に見抜いたのは、いつもキャッチボール相手をしていた同期の男子選手だった。「やりたんだろ?」と声をかけられて、初めて自分の気持ちに気付いたという。「自分から『やらせてください』という性格ではないので。エッ? やっていいの? という感じでした」。

初めての野球が硬式ボール、「受け入れてくれる人たちだった」と感謝の思い

 1年秋のリーグ戦終了後、密かに同期8人に相談すると「いいんじゃないか」と前向きな答えが返ってきた。それから半年間、一人で走って体を鍛え、2年生になる春休みにキャプテンと先輩マネジャーに「やらせてください」と直訴し、選手に転身した。

 初めての野球が硬式ボールで、男子選手の中に飛び込む。佐藤さんはそんな大胆な行動を「なぜできたのかな」と今でも首をかしげる。自分なりに出した答えは「きっと(女子選手を)受け入れてくれる人たちだと思ったんでしょうね。そういう人たちがやっている野球が楽しそうで、私もやりたいと思ったんです」。

 木製バットで硬式ボールを打つことに加え、男子のパワーやスピードについていくことは大変だったはずだが、佐藤さんは笑顔で首を振る。「つらくてやめたいと思ったことは一度もないです。先輩や同期から『手加減しないぞ』と言われましたが、つきっきりでバントや守備を教えてくれ、サポートしてくれました」と感謝する。

 大学で初めて控えの立場を経験し、新たな気付きもあった。「そういう選手の気持ちも分かりましたし、チームのために何ができるか考えたり、出場機会のための準備をしたりすることが新鮮でした。なにより、教えてもらったことを試合で出したいといつもワクワクしていました」と語る。実際、在学中に公式戦に出場し、安打も放っている。

 仲間とともに大好きな野球に打ち込んだことが、その後の人生につながった。卒業と同時に女子プロ野球入り。13年には二塁手でベストナイン、18年には外野手でゴールデングラブ賞のタイトルを獲得した。18年には埼玉アストライアでキャプテン、19年は愛知ディオーネで打撃コーチ兼任外野手を務めた。

 現役引退が決まった昨冬、女子硬式野球部を創部する駒大苫小牧から指導者として誘われた。迷っていた佐藤さんを口説いたのは、同校の茶木圭介監督だった。04、05年に夏の甲子園2連覇した男子野球部で部長などを務めた熱血漢。「やる気と愛情だけ持って来てくれたら、あとは俺がなんとかするから」という言葉に背中を押された。

 4月1日から同校の体育教師となり、女子硬式野球部の部長を務める。チームの目標は男子に続く全国制覇。24人の1年生部員とともに新たな一歩を踏み出した佐藤さんは「日本一と口で言うのは簡単ですが、何ができるのかしっかり考えて、茶木監督の熱さに負けないようにやっていきたいです」と力を込めた。自ら体験した野球の楽しさと奥深さを教え子に伝えていく。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)