【球界名場面】ボールボーイ危機一髪! 何度も安堵する姿にファン爆笑「めっちゃ可愛い」

【球界名場面】ボールボーイ危機一髪! 何度も安堵する姿にファン爆笑「めっちゃ可愛い」

捕球後に塁審を凝視するボールボーイ【画像:パーソル パ・リーグTV】

三塁フェンスに構えるボールボーイが打球をキャッチ…ファウル判定に安堵の表情

 新型コロナウイルスの感染拡大で6月中の開幕を目指すプロ野球。選手、ファンにとってはもどかしい時間が続いているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeで公開されている動画の中から、特に印象的な名場面を振り返ってみたい。

 おもわず「ホッ」とするボールボーイの可愛すぎるリアクションを捉えたのは2015年4月22日に行われたソフトバンク対楽天戦だった。

 1-1の8回。終盤の緊迫した場面で先頭のソフトバンク中村晃が放ったライナーに楽天の三塁手・西田は横っ飛び。グラブをかすめ打球はファールゾーンへ。フェンス際で構えていたボールボーイは打球をワンバウンドで捕球してしまったが、三塁塁審の両手を大きく広げファウルの判定。

「やらかした!」と思ったボールボーイだったが、塁審の判定を食い入るように見つめると、思わず胸に手を当て安堵の表情を見せた。試合が再開してからもボールボーイは胸に手を当てて、何度も再確認し笑みをこぼしていた。

 ボールボーイの可愛すぎるリアクションにファンも「ファールで本当良かったな笑」「絶対ヒヤッとしただろw」「めっちゃ可愛い」「動画の最後ギリギリまで安堵しててワロタw」「胸を撫で下ろすの参考画像」と大盛り上がりだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)