鷹柳田、規格外の“長尺バット”で豪快スイング! ファン絶賛「さすがリアル雷市」

鷹柳田、規格外の“長尺バット”で豪快スイング! ファン絶賛「さすがリアル雷市」

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

柳田は素振り用の“長尺バット”で豪快なスイングを見せる

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が20日、自身のインスタグラムを更新。規格外の“長尺バット”を披露しファンからは「さすがリアル雷市」と驚きの声が上がっている。

 柳田は自身のインスタで「バット職人、菅さんからバット届きました。素振り用で大事に使わしていただきます」とコメントを添え、本拠地PayPayドームで長尺バットでの素振り動画を公開。

 全身を使い、自身の身長を超えるロングバットで豪快なスイングを行う姿にファンも「重さどれくらいなのかね」「目指せ! 轟雷市! ですね!」「さすがリアル雷市」「長っ!」「素晴らしいスイング」と絶賛。

 ハッシュタグには「長い」「重い」「金になる木」が添えられている。柳田が憧れの選手としても名前を挙げていた野球漫画「ダイヤのA」の轟雷市は「金のなる木」と書かれたとても重いバットを練習用に使用しているだけに、ファンも「リアル雷市」との声が上がっていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)