DeNA倉本、ユニホーム着用での練習に「気持ちが引き締まります」

DeNA倉本、ユニホーム着用での練習に「気持ちが引き締まります」

打撃練習などで汗を流したDeNA・倉本寿彦【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

現在のコンディションは「問題ありません」

 DeNAの倉本寿彦内野手が20日、横浜スタジアムで練習を行った。キャッチボール、打撃練習で汗を流した。

 19日からユニホームを着ての練習が開始となり「やはりユニフォームを着てグラウンドでプレーできることは気持ちも前向きになりますし、さらに気持ちが引き締まります」と語った。

 現在のコンディションについては「練習環境は変わりましたが、スムーズに対応することはできています。コンディションも体調も問題ありません」と順調に調整は進んでいる様子。

 プロ野球は6月中の開催を目指しているが「これから開幕に向けて、より緊張感も高まり実戦も増えてくると思いますが、しっかりと準備をして、レベルアップした状態で開幕を迎えたいです」とコメント。重点的に取り組んでいることは「これから本格的な実戦練習も始まると思いますが、トレーニング量を落とさず、ケガには十分気を付けながらケアを充実していきたいです」と語った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)