【MLB】ナショナルズ、史上初の仮想リング贈呈式 主砲歓喜「待ちきれない」

【MLB】ナショナルズ、史上初の仮想リング贈呈式 主砲歓喜「待ちきれない」

ナショナルズのライアン・ジマーマン【写真:Getty Images】

25日にMLBネットワークなどで中継される、ジマーマン「それこそが待ち望んでいるものだ」

 昨季のワールドシリーズを初制覇したナショナルズが19日(日本時間20日)、史上初となるバーチャルの優勝リング贈呈式を24日(同25日)に実施すると発表した。MLBネットワークや地元放送局「MASN」、ナショナルズの公式フェイスブック、YouTubeチャンネルなどで中継される。

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期されている中での措置で、選手や経営陣らが参加する。当初は4月に本拠地ワシントンでの試合の際に予定されていた。チーム生え抜きのライアン・ジマーマン内野手は「このためにみんなプレーしていると思う。個人としてなにかを成し遂げることも素晴らしい。各種記録も素晴らしい。でもつまるところ、ワールドシリーズ制覇とならそれら全てを交換できると誰もが言うだろう……。それこそが待ち望んでいるものだ。(リングを)目にするのが待ちきれないよ」と心待ちにした。

 マイク・リゾGMも「これは素晴らしい先見的な行動だ。残念ながら、私たちはこの贈呈式を観客席で歓声をあげる4万4000人のファンと共に行いたかった。観客席から私たちが偉業(WS制覇)を達成する助けになってくれたファンとともに。しかし、こういった色々な場所で行うことで、私たちはより多くの人々とこの時間を共有するできる。とても新鮮なことだ」とコメントしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)