ロッテ涌井にアクシデント 7回に異変、緊急降板

ロッテ涌井に異変 緊急降板

7回に異変、トレーナーとともにベンチへ

 ロッテの涌井秀章投手にアクシデントが発生した。28日の西武戦(ZOZOマリン)。7回に異変を訴えて、マウンドを降りた。

 6回まで西武打線を2失点に抑えていた右腕。7回先頭の栗山の打席。初球、ボールになるスライダーを投じたところで、体勢が崩れた。右太もも裏を抑える仕草を見せると、駆けつけたトレーナーとともに、マウンドを降り、ベンチへ。しばらくして、伊東勤監督は南へのスイッチを主審に告げた。

 緊急登板となった南は、栗山に右翼席へとソロを浴び、1点差へと迫られた。最下位に沈むロッテにとって、エースの涌井が離脱となれば、さらに厳しい状況となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)