ロッテ涌井、7回に異変 右太もも裏負傷で緊急降板「申し訳ない」

ロッテの涌井秀章投手が右足太もものハムストリングを痛めて緊急降板 「申し訳ない」

記事まとめ

  • ロッテの涌井秀章が28日の西武戦で右足太もものハムストリングを痛めて緊急降板した
  • 監督によれば「6回くらいから、足の張りというか、つったような状態になった」という
  • 涌井は「マウンドを降りることになって申し訳ない。次の登板まで調整」とコメント

ロッテ涌井、7回に異変 右太もも裏負傷で緊急降板「申し訳ない」

ロッテ涌井、7回に異変 右太もも裏負傷で緊急降板「申し訳ない」

ロッテ・涌井秀章【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

伊東監督「6回くらいから、つったような状態になった」

 ロッテの涌井秀章投手が28日の西武戦(ZOZOマリン)で右足太もものハムストリングを痛めて緊急降板した。

 6回まで西武打線を3安打2失点に抑え、2-2の5回には加藤の右越え2点三塁打で、今季4勝目の権利も手にしていた。しかし、7回先頭の栗山に初球スライダーを投げた瞬間にバランスを崩し、右太もも裏を抑える仕草をして、トレーナーとともにマウンドを降りた。

 伊東監督によれば「6回くらいから、足の張りというか、つったような状態になった。一杯一杯で(7回の)マウンドに上がったが、1球投げて降板しました。(初回浅村の2ランで)先制されたが、その後は自分の投球ができた。結果的にやられたが、しょうがないです」と突然のアクシデントに頭をかかえるしかなかった。ロッテはエース降板後も終盤までリードしていたが、9回に2失点し、4-5と逆転負けを喫した。

 涌井は広報を通じて「イニングの途中でマウンドを降りることになって申し訳ない。次の登板まで調整します」とコメントし、右足の状態には触れなかったが、エースの故障が長引けば、チーム事情はさらに苦しくなる。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)