テレ朝・山本雪乃アナが忘れられぬ思い出 兄が小5の中田翔に浴びた2本の本塁打

テレ朝・山本雪乃アナが忘れられぬ思い出 兄が小5の中田翔に浴びた2本の本塁打

テレビ朝日・山本雪乃アナ【写真提供:テレビ朝日】

テレビ朝日・山本雪乃アナ「私も高校球児になりたかった」入社後は熱闘甲子園なども担当

【私が野球を好きになった日19】
 Full-Countでは選手や文化人、タレントやアナウンサーら野球を心から愛する人々の「私が野球を好きになった日」を紹介。第19回はテレビ朝日・山本雪乃アナウンサー。父は岡山リトルリーグの会長で、2人の兄はチームでプレー。家族写真に収まる笑顔の少女は自然と野球に導かれていった。

 スポ―ツ番組やバラエティに出演するなど活躍している山本アナ。昨年の世界野球プレミア12のPR動画では、マイクを金属バットに持ち替えて、力強く、そして鋭いスイングを繰り出し、野球ファンを沸かせた。それができたのは、物心がついた時から、野球は生活の中心にあったから。6歳上の長兄と、4歳上の次兄に連れられ、週末は岡山リトルリーグの練習や試合へ。朝から晩まで、同じ境遇のナインの弟妹たちとグラウンドそばの河川敷で遊んでいた。

「5歳の時には黄色い革のグラブを買ってもらいました。家の前で父や兄とキャッチボールをするのが大好きでした。ボールを投げ合うだけなのに、なんでこんなに楽しいのだろうと不思議でした。その時にはもう、自然と好きになっていたかもしれません」

 コーチだった父は兄たちが卒団してから約20年、岡山リトルリーグで会長を務めている。上の兄は捕手、下の兄が投手で、“兄弟バッテリー”を組み、全国大会に出場する実力があった。岡山では強豪と評判だった。

 試合応援で、忘れられない思い出を聞くと「兄が打たれたホームラン」と返ってきた。

「3本あるんですが、実は後にプロ野球に進んだ選手たちに打たれたものでした。元西武の松下建太さんと、現・日本ハムの中田翔選手です」

 中でも2学年下の中田には1試合2本塁打を浴びた。卒団前、最後の公式戦の一回戦だった。岡山リトルは優勝候補の一角で初戦の相手は広島鯉城リトルリーグ。広島の太田川の河川敷での試合だった。

「リトルリーグはメジャーとマイナーに年齢で分かれています。その日は最後の公式戦ということもあり、打席にはそれまで対戦したことのない、ちょっと“ぽっちゃり”した二学年下の選手が代打で出てきました。その選手こそが、当時マイナーチームにいた小学5年生の中田翔選手でした」

 マイナーですごい選手だとは聞いていたが、兄いわく「衝撃が走った」という。1打席目、バックスクリーン方向へ大飛球を放たれた。そして迎えた第2打席。固唾を飲んで見守った。

「たまらなく悔しかった兄は、1打席目と同じストレートを力いっぱい投げました。しかし、またホームラン、それもセンターバックスクリーン方向でした」

 全国大会まで進んだが中田の2発で、まさかの一回戦敗退となってしまったことを今でも鮮明に覚えている。後日談で、兄がそこでプロ野球選手になる夢を諦めたことを知った。

「松下選手も中田選手も半端じゃなかったと言っていました。兄は『中田翔選手と河川敷でプロレスをして遊んだことがある』というのは今でも自慢話です。中田選手は覚えていないと思いますが(笑)」

「あんたたち、根性なしか!」忘れない、母の放った痛烈な一言

 兄との思い出も深いが幼少期の写真を見て思い出すのが、両親の支えが大きかったこと。入社後に担当した熱闘甲子園やスポーツ番組など、人物に寄り添って取材するチャンスに恵まれたのも、野球のおかげと感謝もしている。
 
「入団当初、父と兄2人は、リトルの体験練習で野球の硬球の音が怖すぎて、『これは無理かもな』という雰囲気で家に帰ってきたそうです。その3人を見て、母が『あんたたち、根性なしか!』と一言。この言葉が、山本家の野球人生の始まりです」

 厳しくも愛情のある言葉に奮起した兄たちを、父も母も全力でサポートした。入団後の父母の方々に兄たちだけでなく、山本アナも自身も育ててもらった感謝の思いがある。

「みんなで焚き火をしたり、大きな鍋の豚汁を食べたり、時々グラウンドでベースランニングに参加させてもらったり。その思い出は、お父さん、お母さんたちの大きな支えがあってこそのものだったと、球児たちを取材するようになったとき、改めて実感しました」

 兄2人の野球、両親にとっての野球、山本アナから見た野球。それぞれから見た角度は異なり、喜びも悲しみも受け取り方は違う。それが今の“伝え手”という立場に活かされている。

「今、(担当している)モーニングショーでは農家さんなど様々な職業の方に、そして、TOKYO応援宣言では、アスリートのみなさんに取材をさせていただいています。みなさんが、お仕事やスポーツに対して、その時、その時で、様々な思いを巡らせています。そして、それは私の『野球』と同じように“大切な人生の一部”を聞かせてくださっているんだという気持ちをもって、お話を伺いたいと思っています」

 自分も高校球児になりたかった、といつも思っていた。新人時代に担当した「熱闘甲子園」は「特別な番組。見る前に(兄妹)みんなお風呂を済ませ、正座をして始まるのを待っていました」。ずっと、憧れの眼差しを向けていた長島三奈キャスターのような温かいインタビューが自分にはできていたのか、高校球児へのリスペクトが伝わったのか……自問自答する日々が続いた。偉大な先輩の背中に追いつこうと必死だった夏が、アナウンサー人生の第一歩。自分が持つ野球への思いと同じように、取材対象者が向き合う事象に敬意を持って、今、言葉を伝えている。

 これまでの歩みを振り返った時、「自分のことだけに精いっぱい、何かを堂々と語れるほど、実力はありません」と力不足を感じてしまうと山本アナは言葉を振り絞るが、野球をひた向きに追いかけてきたから見えることだってある。少年野球の選手たちへ、グラウンドが待ち遠しい子供たちへメッセージを聞いた。

「思うように練習ができない中で、焦りや戸惑いがたくさんあると思います。それは、自分だけではなく、ご家族やお友達や先生も同じ気持ちです。同じ気持ちを共有できる人がいることに感謝して、その人たちと、必ずやって来る大きな喜びを分かち合えるように、大切な人を守りましょう。この期間が明けた時のホームランはきっと格別! それまで素振りを頑張ってください!」

 子供の頃の思い出と周囲の支えは、きっと将来の力となる。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)