【高校野球】107号清宮に1号を打たれた男の今― 消防士目指す19歳「いつかまた対戦を」

【高校野球】107号清宮に1号を打たれた男の今― 消防士目指す19歳「いつかまた対戦を」

現在は消防士を目指し、専門学校に通う元関東第一・田辺廉【写真:本人提供】

ホームラン伝説の幕開け…関東第一のエース・田辺廉、甲子園4強も野球は引退

 清宮がまた打ったって。

 その知らせは、模擬テスト終わりの専門学校、昼休みに知った。ツイッターを見ていたら、友達の投稿で気づいた。高校野球史上最多に並ぶ107号。神宮の夏空に「WASEDA」の背番号3が鮮やかなアーチを描いていた。

「おっつけただけのバッティングで逆方向に打って、スタンドに入れちゃう。それで107号。だけど、そんなことも1年生の頃からできていたんですから。凄いですよね、やっぱり」

 田辺廉は、そう言って笑った。

 名前だけ聞いても、ピンとは来ないかもしれない。この19歳の青年が、早実・清宮幸太郎に高校1号を打たれた男である。

 東京の強豪・関東第一のエースだった。忘れもしない。15年4月18日、春季東京都大会準々決勝・早実戦。5-3とリードし、5回1死二、三塁で迎えた第3打席。1ボールからの2球目、高めに浮いた140キロ直球を完璧に捉えられた。神宮第二球場のバックススクリーン右に飛び込む、推定130メートルの特大弾だ。

「バットに当たった瞬間、いかれたと思いましたね。だから、打球を振り返りもしなかった。夜のニュースを見たら、自分が打たれた姿が全部映っていて……。センターのオコエ(現楽天)は一歩も動いてなかった。そのくらい完璧にやられたんです」

 18.44メートル先にいた怪物は、やけに大きく見えた。当時の背番号は「19」。入学から10日ばかりの1年生だったが、噂はすでに耳に入っていた。「凄いヤツが早実に入った」と――。リトルリーグで世界一に輝き、「和製ベーブ・ルース」と呼ばれていた。

 そして、2年先輩の田辺は高校生活で初めてホームランを打たれた。

「ただデカいだけじゃなくて、オーラがあるんですよね。それでいてスイングも速い。これは高1じゃないな、と。最初の2打席を抑えることができて余裕が出たのか、甘い球を投げてしまった。アイツからしても1号、僕からしても1号だったんです」

 お互いの「1号」から、清宮の「ホームラン伝説」は幕を開けたのである。

甲子園4強も野球を引退した理由とは? 「高校野球は親への恩返しのつもりだった」

 試合は18-11で関東第一が勝利。エースとして挑んだ夏も東東京大会を勝ち抜き、西東京の早実とともに甲子園に出場した。そして、清宮がホームランを放ち、熱狂を呼んだ聖地でも4強に入った。

「開会式の時に待機の列が隣だったので、清宮と話したんです。『あの時、何打ってくれてんねん』って言ったら『田辺さんに2打席、抑えられちゃったから、ちょっと本気出しちゃいました』と笑っていた。かわいげがあって、いい子だなと。それで『またホームラン打てよ』と言ったら、本当に打ってくれたんです」

 高校球児として、これ以上ないほどの成績を残した。しかし、田辺は高校生活で野球の第一線を退いた。

「自分、母子家庭なので。高校に入れてもらう時も(私立は)金銭的に厳しくて。高校野球をやってきたのも、親への恩返しのつもりでした。それも甲子園でベスト4までいくことができて、果たせたのかなって。心の中では、やりたい気持ちはあった。でも、区切りをつけ、就職を考えようと」

 安定した公務員を目指そうと、消防士を志した。大学などで野球を続けるチームメートと別れ、卒業と同時に専門学校に入学。資格試験をはじめ、今いる場所で忙しい毎日を送っている。

「今年が就活の年。自衛隊から内定をもらうことことはできました。これから消防士の試験も控えている。勉強もあるので、なかなか大変ですけど」

 ただ、野球と縁を切ることはできなかった。友人の誘いで野球チームに参加し、マウンドに上がる。そして、驚きの“進化”を見せているという。

「将来のために体だけは鍛えていたけど、肩は休ませていたので、最速が149キロ出たんです。高校時代は141〜2キロ。体重も78キロだったのが、88キロになって。自分でもびっくりでしたね」

 一方、清宮も驚くべき成長を遂げていた。1年夏にU-18W杯のメンバー入り。2年秋から主将となり、3年春にセンバツに出場した。ドラフト目玉候補として騒がれ、一挙手一投足がメディアに注目される中、ホームランを量産。そして、今月28日の八王子学園八王子戦、130メートル弾から2年3か月をかけ、怪物は高校野球史に名を刻む一発を放った。

 1人で複数打たれた場合を含めても、清宮に被弾した投手は延べ107人。誰よりも早く、その恐ろしさを体験していた。友人から「田辺から始まって、ここまで来たね」と連絡も届いた。“第一人者”になったことを今、どう思っているのか。

「将来、子供に言ってあげたい。『コイツの伝説はオレから始まったんだぞ』って」

「もちろん、当時は悔しかったです。野球を続けていたら、ずっと複雑な思いだったと思います。ただ、今、野球から離れている僕からしたら、誇りです。野球のことをよく知らない人が『凄くない』なんてことを言う人もいますが、実際に対戦してみて思うのは『彼が凄くなかったら、誰も凄くない』ということです。素直に彼のことを今も応援しています」

 清宮は30日の決勝で1年以来の夏の甲子園をかけ、東海大菅生と激突する。田辺は不思議な“縁”を明かし、すでに敗れた母校の想いも託した。

「その日、僕の誕生日なんです。その日に108号を打って新記録を作ったら運命的だなって勝手に思っています。それで甲子園に行ってほしい。あの夏、清宮と再戦したかったけど、反対側のブロックでお互いに4強で負けた。だからこそ、今回は彼が打って甲子園で優勝してくれたら、自分のことのようにうれしいです」

 果たして、5年先、10年先、清宮はプロのホームラン王だろうか。もうメジャーリーガーだろうか。

「どうなっていても、将来、子供ができたら言ってあげたいです。『コイツの伝説はオレから始まったんだぞ』って。歴史的な1本だったと自慢できるくらいに、清宮には頑張ってほしい」

 こんな話を30分ほど聞いた後だろうか。想いが高まったのか、19歳の青年は揺れ動く思いを明かした。

「清宮とか、オコエとか、大学で活躍している同級生とか、みんなそれぞれの場所で頑張っている。そういう姿を見ていると、自分だけ野球をやっていないことを最近、後悔することが多い。慣れない勉強を頑張ってはいるけど、そこに逃げちゃっているのかなって。ストレートも速くなって、クラブチームとか野球の誘いをもらえるようになってきたんです」

 消防士を目指すのか、野球の道に戻るのか。まだ定まってない。しかし、未来に悩めるのも若者の権利だ。ただ一つだけ、願いがある。

「また、いつか清宮と対戦してみたいですね。実はあの後、ホームランを1本も打たれてない。清宮の1本が高校生活、唯一なんです。だから、また勝負してみたい。打たれるか抑えられるかわからないけど、あの時みたいに、ストレートで」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)