オリックス宜保、右手有鉤骨摘出手術 数日間入院後にリハビリ開始へ…球団発表

オリックス宜保、右手有鉤骨摘出手術 数日間入院後にリハビリ開始へ…球団発表

オリックス・宜保翔【写真提供:オリックス・バファローズ】

オリックスはオープン戦で打率.344、開幕1軍候補と期待されていた

 オリックスは22日、右手有鈎骨の疲労骨折と診断を受けた宜保翔内野手が21日に大阪市内の病院で右手有鈎骨摘出手術を行ったと発表した。今後は数日間の入院をした後、患部の状態を確認しながらリハビリ等を行っていく予定。

 2年目の宜保は今年のオープン戦で二塁、遊撃として出場。6試合連続安打をマークするなど12試合に出場し打率.344と結果を残し開幕1軍候補として期待されていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)