楽天で輝き始めた久保裕也、今も奮闘する「松坂世代」の選手たち

楽天で輝き始めた久保裕也、今も奮闘する「松坂世代」の選手たち

ソフトバンク・松坂大輔【写真:荒川祐史】

19年前の夏、日本中を沸かせた「松坂世代」は今…

 今年もまもなく甲子園の全出場校が決まる。今から19年前、夏の甲子園を沸かせたのが横浜高校の松坂大輔だ。松坂だけでなく、多くの同級生が活躍したこの世代は「松坂世代」と呼ばれ、プロ入りした選手も多かった。

 今も現役を続ける選手は外国人選手2人を含めて21人。彼らは今、どんな成績を残しているだろうか。

 パ・リーグでは9人がプレーする。

〇日本ハム
矢野謙次 外野手 41試合41打数9安打0本10点、打率.220

〇ソフトバンク
松坂大輔 投手 1軍出場なし
和田毅 投手 2試合2勝0敗0S0H、13回、防御率2.08

〇西武
木村昇吾 内野手 3試合6打数1安打0本0点、打率.167
渡辺直人 内野手 27試合53打数15安打0本3点、打率.283
上本達之 捕手 9試合8打数1安打0本0点、打率.125
ウルフ 投手 15試合7勝2敗0S0H、88回、防御率2.66

〇楽天
久保裕也 投手 14試合1勝0敗0S2H、18回1/3、防御率2.45

〇オリックス
小谷野栄一 内野手 81試合316打数90安打5本32点、打率.285

 ロッテには松坂世代の現役選手はいない。

 日本ハムの矢野は一振り稼業の代打として渋い働き。ソフトバンク・松坂大輔は今年は1軍登板がないまま3年契約の終盤を迎えている。和田は左肘のクリーニング手術を受けたが復調し、今季終盤には間に合うのではないかと見られている。

 西武の木村昇吾は、右膝前十字靱帯の再建手術を受け、育成枠で調整していたが、6月8日に支配下登録され、1軍に復帰している。渡辺直人は代打、守備固めで活躍中。上本達之は代打での出場が中心。ウルフは、技巧派の投手としてローテを維持している。

 楽天・久保裕也は、春季キャンプ中に入団。6月に1軍昇格したが、松井裕樹が故障する中、セットアッパーとして貴重な戦力になりつつある。オリックス・小谷野栄一は最近では珍しく、故障もなく好調。中軸打者として活躍している。

阪神・藤川は好投見せるも7月に入り5登板で7失点

 セ・リーグは12人。

〇広島
エルドレッド 外野手 83試合265打数75安打23本65点、打率.283
江草仁貴 投手 1軍出場なし
梵英心 内野手 1軍出場なし
永川勝浩 投手 1軍出場なし

〇巨人
杉内俊哉 投手 1軍出場なし
村田修一 内野手 68試合193打数48安打6本塁打33打点、打率.249
實松一成 捕手 14試合8打数0安打0本0点、打率.000

〇DeNA
G.後藤武敏 内野手 4試合6打数0安打0本0点、打率.000
久保康友 投手 6試合4勝1敗0S0H、32回、防御率5.63

〇阪神
藤川球児 投手 29試合1勝0敗0S0H、29回2/3、防御率3.94

〇ヤクルト
館山昌平 投手 2試合0勝1敗0敗0S0H、6回、防御率12.00

〇中日
工藤隆人 外野手 53試合37打数10安打0本0点、打率.270

 広島には4人の松坂世代がいるが、外国人の中軸打者、エルドレッド以外は1軍出場なし。梵はあと10本で1000本安打だが、出場していない。

 巨人・杉内も1軍出場なし。村田修一は新外国人マギーと併用されていたが、最近は三塁の定位置を取り戻している。實松は控え捕手となっている。

 DeNAの後藤は7月23日に1軍昇格。まだ安打は打っていない。久保康友は、先発で起用され、防御率は悪いが4勝している。阪神・藤川球児は中継ぎ投手として好投していたが、7月は5試合で7失点。苦しくなっている。

 ヤクルト・館山は4月、6月に2度先発するもいずれも3回で降板している。また、中日の工藤は左の代打、守備固めで起用されている。

 松坂世代も37歳の年を迎えている。選手数が少なくなり、成績も今一つだ。期待された世代だが、200勝、2000本安打、250セーブの名球会入り選手はまだ出ていない。現役生活の最終コーナーを回って、どれだけ頑張ることができるだろうか。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)