ソフトB川島、殊勲4号ソロ&好守も後輩称賛「今日はやっぱり今宮ですよ」

ソフトB川島、殊勲4号ソロ&好守も後輩称賛「今日はやっぱり今宮ですよ」

ソフトバンク・川島慶三【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

ファールで粘ってストレートを強打「変化球が来てたら打てなかったかも」

 30日の日本ハム戦。1-0で迎えた2回裏、ソフトバンクの川島慶三がレフトスタンドまで運ぶ4号ソロ本塁打を放った。7回表の守備では難しいバウンドを見事にさばく好守備も見せ、攻守に渡って4-3の勝利に貢献した。

 打った瞬間それとわかる一打だった。7番セカンドで先発出場した川島は、2回の第1打席で空振り、ボールの後の4球をファールで粘り、7球目のストレートを見事に打ち返した。「変化球が来てたら打てなかったかも。そろそろ(ストレートを)突っ込んでくるかなと思っていた。うまく体を回して打つことができた」と自画自賛だ。

 一転して「あそこで打てばね」と心から悔やんだのが4回裏の第2打席だ。1死三塁で迎えながらも空振り三振を喫した。「何とか事を起こそうと思っていたが打てなかった」と深く反省する川島は、「(5回裏に)同じシチュエーションで(今宮)健太が打ってくれたのが本当にうれしかった」と語る。「だから今日はやっぱり今宮ですよ」と、お立ち台に並んで立った後輩を称賛した。

 7回の好守備については「一歩引いて(打球を)待とうかどうか迷ったが、アウトにできてよかった。捕ったというより(グラブに)入ったという感じですよ」と控え目なコメント。それでも川島の存在感をしっかりと示したプレーであったことは間違いない。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)