イチロー代打で中飛 マーリンズは相手左腕に8回まで無安打の快投許し敗戦

イチロー代打で中飛 マーリンズは相手左腕に8回まで無安打の快投許し敗戦

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

ナショナルズのゴンザレスが快投、イチローは通算3060安打のまま

 マーリンズのイチロー外野手は31日(日本時間1日)、本拠地でのナショナルズ戦に代打で出場。中飛に打ち取られ、メジャー通算3060安打で歴代22位タイのままとなっている。チームはナショナルズの左腕ジオ・ゴンザレスに8回までノーヒットに抑えられ、0-1で敗れた。

 イチローは1点を追う8回1死一塁の場面で先発右腕ウレナの代打で登場。ノーヒットノーランまであとアウト4つと迫っていた相手先発ゴンザレスに対して、3ボール1ストライクから90マイル(約145キロ)の直球を打つも、中飛に倒れた。イチローはゴンザレスとは過去打率.342と好相性だったが、チーム初安打を記録することはできなかった。

 ノーヒットノーラン目前に迫られたマーリンズだが、9回先頭のゴードンがセンター前に運んで土壇場で初ヒット。快挙は阻止した。ここで降板となったフロリダ出身のゴンザレスは、地元のファンから大歓声を浴びた。

 マーリンズは抑えのドゥリトルにスタントンが併殺に打ち取られ、0-1で敗戦。2連敗となった。

 イチローはメジャー通算3060安打で、クレイグ・ビジオ(3060安打)と並んで歴代22位タイのまま。今季打率は.233となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)