燕バレンティンが週6発、坂口13安打の大暴れ…17年第18週投打5傑【セ編】

燕バレンティンが週6発、坂口13安打の大暴れ…17年第18週投打5傑【セ編】

ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

13連敗を止めたヤクルトが4勝2敗と盛り返す

 セ・リーグは広島の独走が続いているが、2位以下は混戦模様だ。

【セ・リーグNPB第18週(7/24-7/31)】

広島 (6試合4勝2敗0分、勝率.667)
ヤクルト (6試合4勝2敗0分、勝率.667)
巨人 (5試合3勝2敗0分、勝率.600)
阪神 (6試合3勝3敗0分、勝率.500)
DeNA (5試合2勝3敗0分、勝率.400)
中日 (6試合1勝5敗0分、勝率.167)

 13連敗から立ち直ったヤクルトが広島と並んで4勝2敗。中日は1勝しかできなかった。

【打者5傑】

○安打
1坂口智隆(ヤ) 13
2菊池涼介(広) 11
3藤井亮太(ヤ) 10
3福田永将(中) 10
5田中広輔(広) 8
5坂本勇人(巨) 8
5筒香嘉智(De) 8
5山崎晃大朗(ヤ) 8

○本塁打
1バレンティン(ヤ) 6
2鈴木誠也(広) 3
2福田永将(中) 3
4エルドレッド(広) 2
4大松尚逸(ヤ) 2

○打点
1バレンティン(ヤ) 11
2福田永将(中) 10
3鈴木誠也(広) 8
4山田哲人(ヤ) 7
5菊池涼介(広) 5
5京田陽太(中) 5

○盗塁
1坂口智隆(ヤ) 2
1菊池涼介(広) 2
1梶谷隆幸(De) 2
1上本博紀(神) 2
1盗塁9人

○打率(規定打席以上)
1坂口智隆(ヤ) .481
2菊池涼介(広) .478
3坂本勇人(巨) .471
4筒香嘉智(De) .444
5藤井亮太(ヤ) .435

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1バレンティン(ヤ) 10.10
2坂口智隆(ヤ) 7.94
3福田永将(中) 7.62
4筒香嘉智(De) 6.57
5菊池涼介(広) 6.52

 ヤクルトのバレンティンが6本塁打、坂口が13安打。10点差大逆転勝利を生んだ両選手が数字の上でも突出。

第18週の投手は…

【投手5傑】

○勝利
1野村祐輔(広) 1
1岡田明丈(広) 1
1大瀬良大地(広) 1
1九里亜蓮(広) 1
1秋山拓巳(神) 1
1橋聡文(神) 1
1岩田稔(神) 1
1今永昇太(De) 1
1ウィーランド(De) 1
1カミネロ(巨) 1
1菅野智之(巨) 1
1田口麗斗(巨) 1
1小川泰弘(ヤ) 1
1ルーキ(ヤ) 1
1石山泰稚(ヤ) 1
1山中浩史(ヤ) 1
1八木智哉(中) 1

○セーブ
1山ア康晃(De) 2
2今村猛(広) 1
2ドリス(神) 1
2カミネロ(巨) 1

○ホールド
1桑原謙太朗(神) 2
1加賀繁(De) 2
1パットン(De) 2
1三上朋也(De) 2
1ホールド 6人

○奪三振
1畠世周(巨) 11
2岩貞祐太(神) 9
3メッセンジャー(神) 8
3秋山拓巳(神) 8
3今永昇太(De) 8
3菅野智之(巨) 8

○防御率(規定投球回数以上)
1岡田明丈(広) 0.00
1野村祐輔(広) 0.00
1秋山拓巳(神) 0.00
1今永昇太(De) 0.00
1小川泰弘(ヤ) 0.00
1八木智哉(中) 0.00

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1野村祐輔(広) 28.63
1秋山拓巳(神) 28.63
1今永昇太(De) 28.63
4山中浩史(ヤ) 27.81
5岡田明丈(広) 24.54
5八木智哉(中) 24.54
5小川泰弘(ヤ) 24.54

 リーグ防御率は4.09。DeNA今永、阪神秋山、広島野村が7回零封。ヤクルト山中は9回完投し、自責点1だった。救援ではDeNA山アが2セーブだが失点し、今週の防御率は6点台。DeNAは加賀、パットン、三上が2ホールドを記録した。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)