大荒れのロッテVSヤクルト2軍戦、9回2死からの波乱に伊東監督も苦笑い

大荒れのロッテVSヤクルト2軍戦、9回2死からの波乱に伊東監督も苦笑い

ロッテ・伊東勤監督【写真:編集部】

2点リードの9回2死から6失点も、その裏に4点挙げて引き分け

 ロッテ本拠地ZOZOマリンスタジアムでは1日、親子ゲームが行われ、イースタン・リーグのヤクルト戦は伊東監督も呆れる展開になった。結果は7-7の引き分けだったが、3-1とリードして迎えた9回に2死走者なしの場面から、6番手の阿部が6点も奪われた。

 代打今浪を歩かせたのが暗転の始まりだった。打者一巡で暴投も加わり6失点。「すんなり終わると見ていたらね…。野球はツーアウトから」と指揮官も苦笑いするしかなかった。

 その裏、ロッテも久古、風張から代打柴田のタイムリー、三家の押し出し、高濱のタイムリーなどで4点を挙げ、同点に追いつくドタバタぶり。1軍は各リーグ最下位同士というチーム状況を象徴していた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)