ダルビッシュは「11」のまま? ドジャースの背番号“争奪戦”にファン注目

ダルビッシュ有がレンジャーズからドジャースへ電撃移籍で背番号争奪戦に注目

記事まとめ

  • ダルビッシュ有投手のレンジャーズからドジャースへの電撃移籍が決まった
  • ダルビッシュは日本ハム入団当初から一貫して背番号「11」をつけてきた
  • ドジャースでは内野手ローガン・フォーサイスが「11」をつけており背番号の行方に注目

ダルビッシュは「11」のまま? ドジャースの背番号“争奪戦”にファン注目

ダルビッシュは「11」のまま? ドジャースの背番号“争奪戦”にファン注目

レンジャーズからドジャースへと移籍するダルビッシュ有【写真:Getty Images】

日本ハム時代から愛用の「11」は内野手フォーサイスが着用

 7月31日(日本時間8月1日)のトレード期限終了間際に、レンジャーズからドジャースへ電撃移籍が決まったダルビッシュ有投手。現在、メジャー最高勝率.705を誇り、ナ・リーグ西地区を独走するドジャースへの移籍について右腕は「光栄なことだと思う」と話した。

 早ければ、8月1日(同2日)にも新チームに合流すると見られる右腕だが、気になるのはその背番号だ。ダルビッシュは、2005年にドラフト1位で日本ハムへ入団した当初から、2012年にレンジャーズ入りを果たして以降も、一貫して背番号「11」をつけてきた。プロ入りから13年背負ってきた番号には大きな愛着を感じているであろうが、ドジャースでは背番号「11」が空いていない。内野手ローガン・フォーサイスがつけている。

 どうやらフォーサイスも「11」には、こだわりがあるようだ。パドレスでメジャーデビューを果たした2011年は先にブラッド・ホープが「11」をつけていたため「12」を選択。だが、ホープが移籍した2012年には「11」に変更した。レイズにトレード移籍した2014年にはユネル・エスコバルが「11」をつけていたため「10」を選択。ここでもエスコバルが移籍した2015年には「11」に背番号を変更している。そして、今季から加入したドジャースでも「11」を選ぶなど、番号へのこだわりが見え隠れしている。

ファンは「ダルビッシュの方がチームにとって意味がある」

 背番号の行方はファンも気になっているようで、ツイッター上にはさまざまな声が寄せられている。

「ダルビッシュは何番をつけるのだろう?」
「フォーサイスはダルビッシュに番号を譲るのか?」
「フォーサイスは新しい番号を見つけないと。ダルビッシュの方がチームにとって意味がある」
「フォーサイスはダルビッシュに背番号をいくらで売るんだ?」

 メジャーでは、新加入した選手が背番号を譲り受けた場合、御礼としてプレゼントを渡す習慣がある。中には、ゴルフクラブや腕時計などの高級品が贈られるケースも。もしダルビッシュが背番号を譲り受けた場合は、風習に合わせてフォーサイスに贈り物をすることになる。この時、何がプレゼントされるかにも注目が集まりそうだ。

 8月からドジャースの背番号「11」をつけるのは、ダルビッシュか、あるいはフォーサイスか。発表の瞬間まで熱い議論が展開されそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)